AkaiKKRでSrTiO3ペロフスカイト

AkaiKKR(Machikaneyama)を用いてSrTiO3ペロフスカイトのバンド構造を計算しました。ついでにバンド構造を計算するための補助に使うScilabスクリプトも載せます。かなり未完成ですが、とりあえずアップロードしてしまいます。動作は無保証です。


SrTiO3.png
Fig.1: SrTiO3のバンド構造



ペロフスカイト構造


VESTAでLaMnO3ペロフスカイトでは、ペロフスカイト構造を持つLaMnO3の結晶をVESTAで描画しました。ペロフスカイト構造をもつ物質は様々な物性を持つため、物質科学ではよく研究対象になります。

第一原理計算入門 AkaiKKRのページで立方晶SrTiO3ペロフスカイトと、Tiを1%のNi及び2%のTaと置換したものの入力ファイルが公開されているのでこれを計算します。(後者に関してはTiは97%ではないのかとも思いましたが、計算の後で気づいたのでそのまま利用させていただきます。)
既に公開されている入力ファイルを使用するので、go計算とdos計算は簡単です。


stoDOS.png

nitastoDOS.png
Fig. 2-3: SrTiO3とそれにNi, Ta不純物を加えた物質の全状態密度。


バンド構造計算補助のScilabスクリプト


AkaiKKRではspcモードを利用して、ブロッホスペクトル関数の計算ができます。これを計算したいk点のパスに沿って指定すればいわゆるバンド構造(電子のエネルギー分散)の図を描くことができます。
ただし、充分きれいな図を描こうと考えるならば、結構な数のk点を指定しなくてはいけないので、手入力で指定するのは手間がかかります。そこで特徴的なk点を指定すれば、その間をn分割したk点をアウトプットするScilabスクリプトを書きました。

まだ書き散らかした状態のスクリプトでb/aなども指定できるようになっていますが本当に動作するかはわかりません。別にこのエントリに限った話ではありませんが、動作は未保証です。

スクリプトの本体は、下記に示すkvector.sceです。
前述したとおり、指定されたk点をn分割して出力します。出力した結果は2つのテキストファイルに書き込まれます。
akaikkr.txtは、入力ファイルの末尾に挿入するk点のリストです。gnuplot.txtはgnuplotのpm3d mapやplot with imageなどで描きだしたバンド構造に特徴的なk点の名前を入れるべきx座標のリストです。

clear;
// *** 設定ファイルの読み込み ***
// bcc Fe
//exec('bccFe.sce');
// fcc Ni
//exec('fccNi.sce');
// hcp Co
//exec('hcpCo.sce');
// Simple cubic SrTiO3 (perovskite)
exec('scSrTiO3.sce');

// *** 各k点間の分割数 ***
n = 101;

// *** k点のグリッドを作成 ***
kpath = [linspace(k(1,1),k(2,1),n)', linspace(k(1,2),k(2,2),n)', linspace(k(1,3),k(2,3),n)'];

for i = 2:(size(k,'r') - 1) do
kx = linspace(k(i,1),k(i + 1,1),n)';
ky = linspace(k(i,2),k(i + 1,2),n)';
kz = linspace(k(i,3),k(i + 1,3),n)';
kpath = [kpath;
[kx(2:$), ky(2:$), kz(2:$)]];
end

// *** k点をつなぐパスの表示 ***
param3d(kpath(:,1),kpath(:,2),kpath(:,3));

// *** k点をつなぐパスの道のり ***
klength = [0];

for i = 2:size(k,'r') do
dkx = (k(i,1) - k(i - 1,1)) * %pi / a;
dky = (k(i,2) - k(i - 1,2)) * %pi / (boa * a);
dkz = (k(i,3) - k(i - 1,3)) * %pi / (coa * a);
klength = [klength, (klength($) + sqrt(dkx ^ 2 + dky ^ 2 + dkz ^ 2))];
end

// *** ファイルの書き出し ***
fprintfMat("akaikkr.txt",kpath);
fprintfMat("gnuplot.txt",klength);


このスクリプトファイルに対して、個別の結晶構造に関するパラメータの部分だけを別ファイルにしたものを読み込ませます。
例えば今回の立方晶SrTiO3ペロフスカイトの場合は、下記のscSrTiO3.sceを作成します。

// 格子定数 bohr
a = 7.38; // 格子定数 a (bohr)
boa = 1; // b/a
coa = 1; // c/a

// *** 計算するk点のパス ***
// sc
// kx ky kz
k = [(1 / 2), (1 / 2), 0 ; // M
(1 / 2), (1 / 2), (1 / 2); // R
0 , 0 , 0 ; // Gamma
(1 / 2), 0 , 0 ; // X
(1 / 2), (1 / 2), 0 ; // M
0 , 0 , 0 ] // Gamma


また、ほかのサンプルとしてニッケル・鉄・コバルトの入力ファイルに対応するデータも載せておきます。(参照: AkaiKKRでニッケル・鉄・コバルト)


結局、AkaiKKRの入力ファイルはSrTiO3_in.txtSrTiNiTaO3_in.txtになります。

バンド構造


出力されたspcファイルからGNUPLOTを用いてプロットしたバンド構造を示します。


SrTiNiTaO3_up.png

SrTiNiTaO3_dn.png
Fig.4-5: Sr(Ti,Ni,Ta)O3のバンド構造。上がupスピン、下がdownスピンです。


比較用としてはABINITによる第一原理電子構造計算例:ABO3(PDF)にSrTiO3ペロフスカイトのバンド構造の計算例が載っています。

関連エントリ




参考URL




付録


このエントリで使用したAkaiKKRの入力ファイルなどを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。(参考:ねがてぃぶろぐの付録)


参考文献/使用機器




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。


tag: AkaiKKR machikaneyama KKR CPA Scilab 

comment

Secret

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoCCPAOPアンプPIC強磁性常微分方程式モンテカルロ解析トランジスタode状態密度DOSインターフェースecaljスイッチング回路定電流PDS5022半導体シェルスクリプト乱数レベルシフトHP6632A温度解析可変抵抗I2Cブレッドボード分散関係トランジスタ技術R6452A数値積分反強磁性バンドギャップ確率論セミナー絶縁偏微分方程式非線形方程式ソルババンド構造熱設計カオスA/DコンバータISO-I2Cフォトカプラ三端子レギュレータシュミットトリガLEDGW近似LM358アナログスイッチ数値微分TL43174HC4053マフィンティン半径発振回路サーボ直流動作点解析カレントミラーPC817CUSB単振り子bzqlty開発環境BSch2ちゃんねる電子負荷イジング模型LDAチョッパアンプ量子力学補間アセンブラFFTブラべ格子標準ロジックパラメトリック解析基本並進ベクトルewidthキュリー温度QSGWGGA失敗談MaximaSMPTLP621スイッチト・キャパシタ熱伝導コバルト相対論スピン軌道相互作用六方最密充填構造繰り返しFETランダムウォークcygwingfortran不規則合金状態方程式ラプラス方程式抵抗スレーターポーリング曲線位相図格子比熱マントルデータロガー自動計測ダイヤモンドガイガー管QNAPUPS固有値問題条件分岐井戸型ポテンシャルシュレディンガー方程式詰め回路MCU第一原理計算起電力熱力学スーパーセルVCALM555仮想結晶近似awkTLP521NE555ubuntufsolveブラウン運動OpenMPVESTA最大値テスタ差し込みグラフFXA-7020ZRWriter509三角波TLP552平均場近似最適化最小値過渡解析LMC662トランスPIC16F785CapSenseMBEナイキスト線図CK1026フィルタP-10負帰還安定性EAGLEAACircuit2SC1815OPA2277PGAノコギリ波縮退非線型方程式ソルバL10構造fcc面心立方構造結晶磁気異方性TeX全エネルギー固定スピンモーメントFSMウィグナーザイツ胞interp1ヒストグラム確率論マテリアルデザインspecx.fジバニャン方程式等高線初期値フェルミ面正規分布c/agnuplotBaO岩塩構造ルチル構造ウルツ鉱構造ZnO重積分SIC二相共存スワップ領域リジッドバンド模型半金属合金multiplotハーフメタルデバイ模型edeltquantumESPRESSOフォノンifortUbuntuマンデルブロ集合キーボードRealforce関数フィッティングフラクタルクーロン散乱CIF化学反応三次元最小二乗法日本語直流解析PCトラックボールExcelTS-110パラメータ・モデル等価回路モデルTS-112疎行列文字列HiLAPW両対数グラフ片対数グラフ熱拡散方程式陰解法境界条件連立一次方程式Crank-Nicolson法グラフの分割軸ラベルヒストグラム不規則局所モーメント入出力円周率Gimp凡例線種シンボルMAS830L

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ