Scilabで数値微分 その2

Scilabで数値微分 その1に引き続き数値計算の常識に従ってf(x)=sin(x)の数値微分を行いました。

今回は刻み幅hを可変させたときのf(x,h)の値の変化から、誤差が最小となるhの最適値を探しました。


Scilabで数値微分 その1では数値計算の常識に従ってf(x)=sin(x)のx=0.3πにおける微分値を計算しf'(x)=cos(x)との比較を行いました。

その結果、微分を差分に置き換える際の刻み幅hには最適値があり、大きすぎても小さすぎても良くないということがわかりました。

Scilabで数値微分 その1はf(x)=sin(x)のような簡単な関数だったので、あらかじめ解析的に微分を行うことが出来ました。しかしながらScilabで金属の電子比熱の様にf(x)の計算自体に非線形方程式ソルバを使うような複雑な場合は、真の値と比較して最適なhを探すことは出来ません。むしろ、解析的に微分が出来るような場合は、そもそも数値的に微分をする必要が無いとも言えるので、解析的に微分できないときにどのように最適なhを探すのかというのは重要な問題です。

実践的な刻み幅の決定法


数値計算の常識には以下の様にあります。

実践的には,f1(x,h)とf1(x,2h)との"差"を観察して,
「hを半分にしたとき"差"が約半分になる傾向が保たれる範囲でもっとも小さなh」
をえらぶのがよい.


そこでこの計算をScilabで行います。

Scilabプログラム


作成したScilabのプログラムはdiff2_sce.txtとなりました。

clear;

// *** 刻み幅の設定 ***
n = [0:1:50];
h = 2 ^ (- n);

x = 0.3 * %pi;

// *** 微分の近似値 ***
// 前進差分
f1 = (sin(x + h) - sin(x)) ./ h;
f12 = (sin(x + 2 * h) - sin(x)) ./ (2 * h);
// 中心差分
f2 = (sin(x + h) - sin(x - h)) ./ (2 * h);
f22 = (sin(x + 2 * h) - sin(x - 2 * h)) ./ (4 * h);
// 前進差分に対するRomberg 1段公式
romberg1 = 2 * ((sin(x + h) - sin(x)) ./ h - 0.5 * (sin(x + 2 * h) - sin(x)) ./ (2 * h));
romberg12 = 2 * ((sin(x + 2 * h) - sin(x)) ./ (2 * h) - 0.5 * (sin(x + 4 * h) - sin(x)) ./ (4 * h));
// 中心差分に対するRomberg 1段
romberg2 = ((sin(x + h) - sin(x - h)) ./ (2 * h) - 0.25 * (sin(x + 2 * h) - sin(x - 2 * h)) ./ (4 * h)) / 0.75;
romberg22 = ((sin(x + 2 * h) - sin(x - 2 * h)) ./ (4 * h) - 0.25 * (sin(x + 4 * h) - sin(x - 4 * h)) ./ (8 * h)) / 0.75;

// *** グラフの軸設定 ***
a = gca();
a.data_bounds = [0,1E-14;50,1];
a.log_flags = "nl";

// *** グラフのプロット ***
plot(n,abs(f1 - f12),'-sr');
plot(n,abs(f2 - f22),'-sm');
plot(n,abs(romberg1 - romberg12),'-sb');
plot(n,abs(romberg2 - romberg22),'-sg');

// *** グラフの体裁 ***
xlabel("n");
ylabel("Err");
legend(['f1(x)','f2(x)','Romberg f1(x)','Romberg f2(x)'],4);


結果


Scilabで数値微分 その1で計算した数値微分と解析解の比較「f(x,h)-f'(x)」をFig.1に、今回計算した「f(x,h)-f(x,2h)」をFig.2に示します。これらは非常に良く似た形をしていますが全くの別物です。

001_20131110042107c73.png

Fig.1: 数値微分と解析解の比較

002_20131110080640da7.png
Fig.2: 数値微分の刻み幅を2倍にしたときの変化の度合い


数値計算の常識には以下の様にあります。

このような"差分"が「規則的に変化している」ことが,「打切り誤差が丸め誤差より優越していて,通常の打切り誤差の漸近理論が適用できる」ことの実際的な判別法として役立つ.


Fig.2をみるとnを大きくしていっても(つまりhを小さくしていっても)規則的に"差分"が小さくなっていっている部分が、丸め誤差の影響を受けず、打切り誤差が支配的となっている領域です。この範囲でもっとも大きなn(もっとも小さなh)を選んだとき、実際の誤差がほぼ最小になっていることがFig.1との比較から読み取れます。

関連エントリ




付録


このエントリで使用したScilabのシミュレーション用ファイルを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。(参考:ねがてぃぶろぐの付録)


参考文献/使用機器




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。


tag: Scilab 数値微分 

comment

Secret

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoCOPアンプPICCPA強磁性常微分方程式モンテカルロ解析odeトランジスタ状態密度インターフェーススイッチング回路ecaljPDS5022DOS定電流半導体シェルスクリプト乱数レベルシフトHP6632Aブレッドボード分散関係温度解析R6452Aトランジスタ技術I2C可変抵抗反強磁性セミナー数値積分確率論偏微分方程式バンド構造非線形方程式ソルババンドギャップ絶縁熱設計シュミットトリガLEDA/Dコンバータ三端子レギュレータLM358ISO-I2CGW近似カオスフォトカプラマフィンティン半径TL431数値微分PC817Cアナログスイッチ直流動作点解析発振回路USBサーボカレントミラー74HC4053パラメトリック解析LDAbzqltyチョッパアンプ量子力学FFT2ちゃんねるアセンブラBSch開発環境電子負荷ブラべ格子イジング模型補間基本並進ベクトル標準ロジック単振り子キュリー温度繰り返しMaxima状態方程式失敗談相対論スピン軌道相互作用FETランダムウォーク熱伝導六方最密充填構造コバルトewidthTLP621GGAQSGW不規則合金位相図抵抗SMPcygwinラプラス方程式スレーターポーリング曲線gfortranスイッチト・キャパシタ詰め回路TLP552三角波格子比熱TLP521条件分岐LM555MCUNE555QNAPマントルテスタ過渡解析FXA-7020ZRダイヤモンドデータロガーガイガー管自動計測Writer509UPSシュレディンガー方程式ブラウン運動awk差し込みグラフ熱力学平均場近似仮想結晶近似VCAfsolve井戸型ポテンシャルVESTA起電力スーパーセルOpenMP第一原理計算ubuntu固有値問題L10構造OPA2277interp12SC1815fccウィグナーザイツ胞面心立方構造フィルタジバニャン方程式ヒストグラム確率論マテリアルデザインspecx.f等高線正規分布PGAフェルミ面非線型方程式ソルバ初期値固定スピンモーメントスワップ領域ルチル構造リジッドバンド模型edeltquantumESPRESSO岩塩構造BaOSIC二相共存ZnOウルツ鉱構造フォノンデバイ模型c/aノコギリ波全エネルギーFSMTeXgnuplotmultiplotハーフメタルCapSense半金属合金結晶磁気異方性Ubuntu文字列入出力TS-110TS-112疎行列Excel直流解析ヒストグラム円周率不規則局所モーメントトラックボールPC等価回路モデルパラメータ・モデルキーボードRealforce三次元マンデルブロ集合フラクタル化学反応重積分縮退日本語最小二乗法関数フィッティングGimpMAS830LHiLAPW熱拡散方程式両対数グラフナイキスト線図負帰還安定性陰解法Crank-Nicolson法P-10クーロン散乱境界条件連立一次方程式片対数グラフEAGLEPIC16F785LMC662トランスシンボルCK1026線種凡例MBEAACircuitグラフの分割軸ラベルifort

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ