LTspiceで日本語コメント

株式会社e-skettのウエブページにてLTspice用日本語表示変換ソフトが公開されています。これを使うことによって、LTspiceの回路図上に日本語でコメントを書き込むことができるようになります。

001_20130601012704.pngFig.1: 日本語コメントの例



日本語コメント


LTspiceは、標準では日本語のコメントを入力する機能を持っていません。
ねがてぃぶろぐのアクセス解析を調べてみても「LTspice 日本語 コメント」といった検索単語からこられる方も多く、日本語でコメントを入力することに対する潜在的な需要が大きいことが分かります。

これは、回路シミュレータに限らずCADソフト全般に対して言えることです。例えば、PCBエディタとして有名なEagleも外国製のソフトのためプリントパターン内に日本語を入力することが出来ません。これに対して、EAGLE基板/回路図に日本語を描くでは、ストロークフォントKST32Bを用いて回路パターンとして文字を表現するという事を行っています。

これと同様のことをLTspiceで行えば、回路図上に日本語のコメントを書き込む(描き込む)ことができます。

今回紹介するLTspice用日本語表示変換ソフトLTSJTextは、LTspiceの回路図ファイルに書き込まれた日本語コメントを、自動でストロークフォントによるライン描画に置き換えてくれるソフトです。

LTSJTextの使い方


LTSJTextの使い方は、(本家サイトの解説と大差ないですが)大雑把には以下の通りです。

私の試した環境ではWindows XP Professional (32bit)とWindows server 2008 R2(64bit)で動作しました。なお、本家である株式会社e-skettのページではWindowsXP、Windows7(64bit)、Windows8(64bit,デスクトップ)で動作確認を行っています。と書かれています。

  1. .Net framework 4.0以降のインストール
  2. LTSJTextのインストール
  3. 送るフォルダ(SendTo)にショートカットを作成


まず.NET Framework 4.5 のインストールを行います。(Windows XPの場合は.NET Framework 4.0を使います。)

次に本家の株式会社e-skettまたはVectorのLTSJText(LTspice用日本語テキスト変換ソフト)からLTSJTextをダウンロード、展開します。
展開して出来たフォルダはどこにおいてもかまいませんが、私はLTspice本体と同じフォルダにおいています。LTspiceのインストールと初期設定の手順でインストールしてあるならば"C:¥LTspiceIV¥LTSJText¥"または"C:¥Program Files¥LTC¥LTspiceIV¥LTSJText¥"です。

次に展開して出来たLTSJText.exeのショートカットを作ります。素直にデスクトップなどにショートカットを作っても良いですが、私は送る(SendTo)フォルダにショートカットを作りました。このようにしておけば.ascファイルを右クリックから日本語テキスト化することが出来ます。

それでは、日本語コメントを書き込んでみます。
ショートカットキー"t"からEdit Text on the Schematic:ウインドウを立ち上げ、普通に日本語のコメントを打ち込みます。(Fig. 2)


002_20130601012704.png
Fig.2: 日本語コメントの入力


すると、文字化けしたものが回路図上に入力されまが、気にせずこのまま保存します。このとき注意すべき点は、パスにスペース(空白記号)を含むフォルダに保存してはいけないということです。空白を含むフォルダに保存するとうまく日本語コメントに変換出来ません。


003_20130601012702.pngFig.3: 文字化けした回路図


文字化けしたまま保存した.ascファイルをLTSJText.exe(のショートカット)の上にドラッグアンドドロップします。送るフォルダにショートカットを作った場合は、右クリックから送ります。
するとFig.4のようなウインドウが立ち上がり、変換が完了します。


004_20130601012702.png

Fig.4: LTSJText.exeのウインドウ


元ファイルと同じフォルダに、ファイル名の末尾に_Jが付いたファイルが新たに出来ているはずです。

NG-SPICE + BSch3V


一方で、今回紹介した方法は、日本語の文字列をラインにして回路図上に書き込むといった方法をとっているため、一度書き込んだコメントを再編集する際には、もう一度最初から文字列を打ち込んでラインフォント化の手順を繰り返さなければいけません。

日本語コメントのみが問題というわけではないのでしょうが、純国産の(シミュレータ連動でない)回路図エディタで標準で日本語入力の機能が付いているもの(例えばBSch3Vなど。)とSPICEを組み合わせることに挑戦している人たちもいるようです。(参考:NG-SPICE+BSch3V - 回路シミュレーターWiki)

関連エントリ




参考URL




付録


このエントリで使用したLTspiceのシミュレーション用ファイルを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。(参考:ねがてぃぶろぐの付録)


参考文献/使用機器




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。


tag: LTspice 日本語 

comment

Secret

VIカーブ

探してみましたが見当たらなかったので教えてください。
(もし記事があれば申し訳ありません)
太陽光パネルの等価回路でシミュレーションをしたいのですが、作成した等価回路のVIカーブを確認したいのですがやり方がわかりません。もしご存知でしたら教えてください。
※現在、LTspiceとSIMetrixを使用しています。
どちらかというとSIMetrix主体ですがLTspiceでやり方がわかれば応用できるかと思っております。

Re: VIカーブ

tentenさん、こんにちは。

具体的な等価回路がどのようなものか分からないので、コメントし難いのですが、例えばラジオペンチさんは下記のURLで太陽光パネルの等価回路のLTspiceシミュレーションを報告しています。

ラジオペンチ 太陽電池パネルのspiceモデル
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-418.html

また、同じ形の等価回路について、堀米毅さんの書籍 定番回路シミュレータLTspiec部品モデル作成術 にはシミュレーションのやり方からパラメータの最適化手法まで詳しく書かれています。

もっと複雑な等価回路を使っているせいで上記のようなシミュレーションができないと言うことでしたら、等価回路の形を教えていただければ何かアドバイスが出来るかもしれません。

太陽光等価回路

下記ありがとうございます。
URLは目的のシミュレーション回路と同じです。
これは直流解析をすればできるということですね。
基本的に過渡解析しか使ったことがないのでVIを出す方法がわかりませんでした、SIMtrixでも試してみます!

Re: 太陽光等価回路

tentenさん、こんにちは。

普通の直流解析で行けそうで良かったです。
今回は必要なかったようですが、ねがてぃぶろぐでは過渡解析でVIを出す『裏技』も紹介しています。

LTspiceで直流解析(DC解析)
http://gomisai.blog75.fc2.com/blog-entry-511.html

About LTspice of inductor

前略、何時も興味新々で拝見しています。
早速ですが、本題とは違いますが。
LTSPICEのインダクタ設定に於いてPeak curent(A)がありますが、この機能を有効にする方法を教えて頂けたら幸いです。 例えばDCDC変換回路に於いて、この値は1uAであろうが10Aであろうが解析結果は同じです。(Peak 1A時)磁束飽和は起らない条件でLTSPICEの解析は実施されている?

Re: About LTspice of inductor

ALTEC515Cさん、こんにちは。

Yahoo!知恵袋でも同様の質問をされているようですが、マルチポストは不快なのでやめてください。

LTSPICE インダクターのピーク電流
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13148962893

さて、質問の件ですが、磁束飽和を考慮したインダクターのシミュレーション方法は「ベルが鳴っています」さんの「非線形インダクター」のページで詳しく解説されています。

非線形インダクター (2) 電流依存性・ヒステリシスのあるインダクター
http://www7b.biglobe.ne.jp/~river_r/bell/nlind/nlind.html#A2

私はインダクタのシミュレーションをやったことが無いので詳しくはありませんが、上記のページを読む限り、飽和電流を指定するだけでは、飽和挙動がどのような関数形になるのかについて任意性が残るようです。
したがって、仮にPeak Currentのところに数値を入れることで磁束飽和のシミュレーションができるとしても、何を計算しているのか分からない状態でシミュレーションをする事になるので危険だと思います。なので「ベルが鳴っています」さんの方法を使うのがオススメです。
FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoC強磁性CPAPICOPアンプecalj常微分方程式モンテカルロ解析状態密度トランジスタodeDOSインターフェース定電流スイッチング回路PDS5022半導体シェルスクリプト分散関係レベルシフト乱数HP6632AR6452A可変抵抗トランジスタ技術温度解析ブレッドボードI2C反強磁性確率論数値積分セミナーバンドギャップバンド構造偏微分方程式非線形方程式ソルバ熱設計絶縁ISO-I2Cカオス三端子レギュレータLM358GW近似マフィンティン半径A/DコンバータフォトカプラシュミットトリガLEDPC817C発振回路数値微分直流動作点解析サーボカレントミラーTL431アナログスイッチUSB74HC4053bzqltyVESTA補間電子負荷アセンブライジング模型BSch量子力学単振り子2ちゃんねるチョッパアンプLDA開発環境基本並進ベクトルFFT標準ロジックブラべ格子パラメトリック解析抵抗SMPMaxima失敗談ラプラス方程式繰り返し位相図スイッチト・キャパシタ熱伝導状態方程式キュリー温度gfortranコバルトTLP621不規則合金Quantum_ESPRESSO六方最密充填構造ランダムウォーク相対論ewidthスピン軌道相互作用FETQSGWVCAcygwinスレーターポーリング曲線GGA仮想結晶近似PWscfシュレディンガー方程式LM555ハーフメタル固有値問題NE555最小値ガイガー管QNAPUPS自動計測ダイヤモンドマントルTLP552格子比熱最適化MCU井戸型ポテンシャル最大値xcrysdenCIF条件分岐詰め回路フェルミ面差し込みグラフスーパーセルfsolveブラウン運動awk過渡解析起電力三角波第一原理計算FXA-7020ZRWriter509Ubuntuテスタ熱力学データロガーTLP521OpenMPubuntu平均場近似MAS830LトランスCK1026PIC16F785PGA2SC1815EAGLEノコギリ波負帰還安定性ナイキスト線図MBEOPA2277P-10フィルタCapSenseAACircuitLMC662文字列固定スピンモーメントFSMTeX結晶磁気異方性全エネルギーc/a合金multiplotgnuplot非線型方程式ソルバL10構造正規分布等高線ジバニャン方程式初期値interp1fcc面心立方構造ウィグナーザイツ胞半金属デバイ模型電荷密度重積分SIC二相共存磁気モーメント不純物問題PWgui擬ポテンシャルゼーベック係数ZnOウルツ鉱構造edeltquantumESPRESSOフォノンリジッドバンド模型スワップ領域BaO岩塩構造ルチル構造ヒストグラム確率論マテリアルデザインフラクタルマンデルブロ集合キーボードRealforceクーロン散乱三次元疎行列縮退化学反応関数フィッティング最小二乗法Excel直流解析PCTS-110TS-112日本語パラメータ・モデル等価回路モデルcif2cell入出力陰解法熱拡散方程式HiLAPW両対数グラフCrank-Nicolson法連立一次方程式specx.fifort境界条件片対数グラフグラフの分割円周率ヒストグラム不規則局所モーメントGimpシンボル軸ラベル凡例線種トラックボール

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ