トラ技の薄さは下げ止まり

トランジスタ技術が薄くなっているその1その2で行っていたトランジスタ技術の重さ測定を2011年9月号のものまで拡張しました。
その結果、トランジスタ技術の重さの変化は下げ止まり傾向にあることが分かりました。しかしながら、上昇傾向が見られたわけではないので、今後の変化にも余談が許せない状況です。

002_20110916062825.png


2007/02-2010/10のトランジスタ技術


トランジスタ技術が薄くなっているその2ではトランジスタ技術の厚さや重さの計測をおこない、2007年2月号から2010年10月号までのトランジスタ技術の厚さの経時変化をグラフとしてプロットしました。

001_20101001143301.png

fig.1: 2010年10月を基準とした相対月とトランジスタ技術の重さ


その結果、トランジスタ技術が次第に薄くなっていっている傾向が分かりました。また、この傾向を一次関数にフィッティングし、トランジスタ技術が消滅する時期を2015年6月号と見積もりました。

その後11ヶ月が経過し、また、図書館で不要になったトランジスタ技術のバックナンバーをいただいたので、前回の測定データに、より新しいトラ技の厚さ、より古いトラ技の厚さデータを加えて解析をやり直しました。

測定方法


前回までに測定したトランジスタ技術は、2007年2月号から2010年10月号です。これに対して、これ以降に購入したトランジスタ技術が2010年11月号から2011年9月号です。また、以前から私が所有していた2005年7月号から2007年1月号までです。これらの値は、途中に飛びの無い連続的なデータです。
さらに図書館からいただいたバックナンバーが1997年6月号から2005年3月号までですが、これは、蔵書重複分の処分ということなので、データに飛びがあります。

重さの測定には、家庭用調理秤TANITAのKD-173(最大表示1000g/最小表示1g)を利用しました。下記のものは後継機だと思われますが、数千円程度で入手できる一般的なものです。



ただし、TANITAのKD-173は食品用なので1000g以上は計測できませんでした。2001年以前のバックナンバーでは、1000gを超えるトランジスタ技術が少なくなく、測定限界を超えた場合は、1001gのところにプロットしました。

結果と解釈


測定結果のグラフを以下に示します。

001_20110916062809.png

fig.2: 測定結果


まず、2001年以前のデータは、前述の通り、秤が1000gまでしか測れないため見かけ上、値が飽和していますが、実際は1000g以上あるものがほとんどです。
このように1000g前後あったトランジスタ技術が、2002年頃に急激に軽くなり、その後、2007年頃まで800g前後で安定しています。

2ちゃんねる電気電子板の今月のトラ技 Vol.2では、2008年の中頃からトランジスタ技術の薄さに対する不安の声が上がり始め、今月のトラ技 Vol.32009年5月8日の書き込みではじめてトランジスタ技術の厚みが測られ始めました。
これを受けてトランジスタ技術が薄くなっているのエントリを書いたのが2009年7月13日です。

この時系列の関係をfig.2と対比してみると、厚さが安定していた2008年前半から、急激に厚さが変化したことを敏感に捉えていたということが分かります。

トランジスタ技術が薄くなっているのコメント欄にてのりたんさんにfig.4は、一次の関数というよりも、もっと次数の大きな、たとえば放物線に見えます。というコメントをいただきましたが、プラトー領域からの落ちはじめの変曲点を鋭く指摘されていたと言うことになると思います。

以下に、fig.2を色分けして書き直したfig.3を示します。横軸は、現在(2011年9月号)を原点とし、そこからの相対的な月を取っています。

002_20110916062825.png

fig.3: 色分けした測定結果


トランジスタ技術が薄くなっている その2で解析したデータを緑、今回のエントリで追加したデータのうち、新しい雑誌のものを赤、古い雑誌のものを青でプロットしてあります。紫色のラインは、トランジスタ技術が薄くなっている その2で行った、緑で示したデータに対する一次関数へのフィッティング結果です。

最近の(赤で示した)トランジスタ技術は、直前の急激な重さの減少トレンドから外れて、再びプラトー領域に入ったように見えます。
トランジスタ技術の薄さは、おそらく下げ止まりで、トランジスタ技術が薄くなっている その2で得られた2015年6月までに厚さがゼロになると言う予測は回避できそうに思えます。

ただし、現状でトランジスタ技術誌に掲載されている広告の量が底値であることは確かで、厚さに回復の兆しが見られたわけではないので、今後も油断は禁物と言えるでしょう。

関連エントリ




参考URL




付録


このエントリで使用したトランジスタ技術の重さ測定データを添付します。


参考文献/使用機器




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。


tag: トランジスタ技術 

comment

Secret

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoCOPアンプPICCPA強磁性常微分方程式モンテカルロ解析odeトランジスタ状態密度インターフェーススイッチング回路ecaljPDS5022DOS定電流半導体シェルスクリプト乱数レベルシフトHP6632Aブレッドボード分散関係温度解析R6452Aトランジスタ技術I2C可変抵抗反強磁性セミナー数値積分確率論偏微分方程式バンド構造非線形方程式ソルババンドギャップ絶縁熱設計シュミットトリガLEDA/Dコンバータ三端子レギュレータLM358ISO-I2CGW近似カオスフォトカプラマフィンティン半径TL431数値微分PC817Cアナログスイッチ直流動作点解析発振回路USBサーボカレントミラー74HC4053パラメトリック解析LDAbzqltyチョッパアンプ量子力学FFT2ちゃんねるアセンブラBSch開発環境電子負荷ブラべ格子イジング模型補間基本並進ベクトル標準ロジック単振り子キュリー温度繰り返しMaxima状態方程式失敗談相対論スピン軌道相互作用FETランダムウォーク熱伝導六方最密充填構造コバルトewidthTLP621GGAQSGW不規則合金位相図抵抗SMPcygwinラプラス方程式スレーターポーリング曲線gfortranスイッチト・キャパシタ詰め回路TLP552三角波格子比熱TLP521条件分岐LM555MCUNE555QNAPマントルテスタ過渡解析FXA-7020ZRダイヤモンドデータロガーガイガー管自動計測Writer509UPSシュレディンガー方程式ブラウン運動awk差し込みグラフ熱力学平均場近似仮想結晶近似VCAfsolve井戸型ポテンシャルVESTA起電力スーパーセルOpenMP第一原理計算ubuntu固有値問題L10構造OPA2277interp12SC1815fccウィグナーザイツ胞面心立方構造フィルタジバニャン方程式ヒストグラム確率論マテリアルデザインspecx.f等高線正規分布PGAフェルミ面非線型方程式ソルバ初期値固定スピンモーメントスワップ領域ルチル構造リジッドバンド模型edeltquantumESPRESSO岩塩構造BaOSIC二相共存ZnOウルツ鉱構造フォノンデバイ模型c/aノコギリ波全エネルギーFSMTeXgnuplotmultiplotハーフメタルCapSense半金属合金結晶磁気異方性Ubuntu文字列入出力TS-110TS-112疎行列Excel直流解析ヒストグラム円周率不規則局所モーメントトラックボールPC等価回路モデルパラメータ・モデルキーボードRealforce三次元マンデルブロ集合フラクタル化学反応重積分縮退日本語最小二乗法関数フィッティングGimpMAS830LHiLAPW熱拡散方程式両対数グラフナイキスト線図負帰還安定性陰解法Crank-Nicolson法P-10クーロン散乱境界条件連立一次方程式片対数グラフEAGLEPIC16F785LMC662トランスシンボルCK1026線種凡例MBEAACircuitグラフの分割軸ラベルifort

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ