2010年の抱負

皆様、あけましておめでとうございます。
新年の挨拶が遅くなりましたが、今年も私の駄文にお付き合いいただけたら幸いです。

今回のエントリでは、2010年の抱負と言いますか、以前からやりたかったことを、半積読状態の本の紹介と共に書きます。
やりたいことが多すぎて、いくつ達成できるかとかんがえると、かなり怪しいのですが。


PSoCでCapSense


お正月にのんびりとPSoCマイコン・スタートアップのサンプルを動かしてみました。

PSoCマイコン・スタートアップは、MiniProgと開発基板付で3990円という価格で、どういったトリックか分かりませんがMiniProgを単体で購入するよりも安上がりと言うお買い得本です。
内容的には、コーディングを含まないお手軽開発手法の「システムレベルデザイン」とタッチセンサを実現するための「CapSense」の解説の二本立てで、どちらに関しても日本語の解説書は(おそらく今のところ)この本だけだと思います。



CapSense関係にはまだ触れていませんが、システムレベルデザインの手法は思いのほか面白そうだと言う感触です。
CapSenseというのは、静電容量変化型のタッチセンサを実現するための技術云々・・・簡単に言うと、iPodについてるぐるぐるの事らしいです。
ねがてぃぶろぐでは、今後CapSenseでのタッチセンサを用いた回路を実際に作ってエントリにまとめたいと考えいます。

ただ、システムレベルデザインは、そもそもプログラミングが好きだと言う人にとっては、あまり興味がわかないかもしれません。また、複雑なソフトウエア処理を必要とする場合は、どちらにせよチップレベルデザインが必要になるでしょう。
PSoCマイコン・スタートアップには、チップレベルデザインでの開発手法の解説はありません。必要に応じて別の参考書が必要でしょう。



私としては、トランジスタ技術2009年1月号がお奨めなのですが、如何せん、1年前の雑誌です。手に入らないことも多いでしょう。今ならこれならわかる!PSoCマイコン活用術が妥当なのだと思いますが、わたしは読んだことがありません。

Scilabで数値計算


回路シミュレーションは概ねLTspiceでできるのですが、それ以外のちょっとした数値計算をやりたくなることはよくあります。

Excelで操る! ここまでできる科学技術計算を参考書としてExcelで何とかしようと考えていた時期もありましたが、どうせプログラミングに近いことをするなら、それらしい環境を整えた方が後々楽だろうと考えました。



入門書は、たまたま書店で目に付いたScilab入門―電気電子工学で学ぶ数値計算ツールです。この手のソフトウエアになれている人にとっては鬱陶しく感じるかも知れませんが、本に書いてあるとおり入力を行っていくことでScilabが使えるようになります。丁寧です。



メインテーマとしているのは、あくまで数値計算です。
例として取り上げているのは電子回路なので、ねがてぃぶろぐの読者の方には理解しやすいでしょう。Scilab入門―電気電子工学で学ぶ数値計算ツールは、入門書なので、アルゴリズム部分を補うための副読本としてはScilabで学ぶわかりやすい数値計算法を選びました。

複雑でない数値計算をScilabを用いて自力で出来るようになるのも今年の目標の一つです。

計測器とPCの通信ソフトをC#で


私の所有するHP6632AやR6452Aは、GPIBやRS232インターフェースを介してPCと接続することができます。PC側の制御ソフトウエアを書けば、自動計測環境が構築できます。



ですが、まあ、優先度は低めですね。

Googleアドセンス


ねがてぃぶろぐのAmazonのリンクから商品を購入してくださる皆様、いつもありがとうございます。
今年は、Googleアドセンスをはじめようかなと思っています。

このエントリでもたくさん貼ってありますが、Amazonアソシエイトが楽しくなってきました。しかし、儲かるのか?と聞かれますと、きっぱりと否なのです。
では、どういったことが面白いのかと言いますと、実際に読んでいただいている方がどんな方なのかと言うことが分かる点です。

ねがてぃぶろぐは、アクセス数に比してコメントやトラックバックの数が少ない部類のブログだと思います。もちろんAmazonアソシエイトを通じての書籍等の購入も少ないのですが、それでも他のフィードバックとは異なった発見があります。

例えば、ねがてぃぶろぐで一番売れている本は、実はExcelで操る! ここまでできる科学技術計算です。といっても現時点で5冊ですが。
前述の本は、必ずしも電子工作関連本ではありません。電子工作ブログを自称するねがてぃぶろぐとしては、意外だと言う印象です。

ブログに積極的に広告を載せるのは、文章のS/Nを下げる恥ずべき行為だと考えていた時期もありますが、始めてみて気づく面白さというものもあるのだと思いました。
こういう見方を持って、他の良く行くブログに貼られたGoogleアドセンス広告をクリックしてみると、いままで知らなかった使えそうなものも、しばしばあるようです。
これが、ねがてぃぶろぐでもGoogleアドセンスをはじめてみようかと思い至った理由です。

他にも


他にもたくさんあるのですが、書き始めてみたら長くなってしまったのでここまでにします。

関連エントリ




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。


tag: PSoC Scilab HP6632A R6452A 

comment

Secret

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoC強磁性OPアンプPICCPA常微分方程式モンテカルロ解析ecaljodeトランジスタ状態密度インターフェースDOS定電流スイッチング回路PDS5022半導体シェルスクリプトレベルシフト乱数HP6632AR6452AI2C可変抵抗分散関係トランジスタ技術ブレッドボード温度解析反強磁性確率論バンドギャップセミナー数値積分熱設計非線形方程式ソルババンド構造絶縁偏微分方程式ISO-I2CLM358フォトカプラ三端子レギュレータカオスLEDシュミットトリガGW近似A/Dコンバータ発振回路PC817C直流動作点解析USBマフィンティン半径数値微分アナログスイッチTL43174HC4053カレントミラーサーボ量子力学単振り子チョッパアンプ補間2ちゃんねる開発環境bzqltyFFT電子負荷LDAイジング模型BSch基本並進ベクトルブラべ格子パラメトリック解析標準ロジックアセンブラ繰り返し六方最密充填構造SMPコバルトewidthFET仮想結晶近似QSGW不規則合金VCAMaximaGGA熱伝導cygwinスレーターポーリング曲線キュリー温度スイッチト・キャパシタ失敗談ランダムウォークgfortran抵抗相対論位相図スピン軌道相互作用VESTA状態方程式TLP621ラプラス方程式TLP552条件分岐NE555LM555TLP521マントル詰め回路MCUテスタFXA-7020ZR三角波過渡解析ガイガー管自動計測QNAPUPSWriter509ダイヤモンドデータロガー格子比熱熱力学awkブラウン運動起電力スーパーセル差し込みグラフ第一原理計算フェルミ面fsolveCIFxcrysden最大値最小値ubuntu最適化平均場近似OpenMPシュレディンガー方程式固有値問題井戸型ポテンシャル2SC1815TeX結晶磁気異方性OPA2277非線型方程式ソルバフラクタルFSM固定スピンモーメントc/agnuplotPGA全エネルギーfccマンデルブロ集合縮退正規分布キーボード初期値interp1multiplotフィルタ面心立方構造ウィグナーザイツ胞L10構造半金属二相共存ZnOウルツ鉱構造BaOSIC重積分磁気モーメント電荷密度化学反応クーロン散乱岩塩構造CapSenseノコギリ波デバイ模型ハーフメタルRealforceフォノンquantumESPRESSOルチル構造スワップ領域リジッドバンド模型edelt合金等高線凡例軸ラベル線種シンボルトラックボールグラフの分割MAS830LPIC16F785トランス入出力CK1026PC直流解析パラメータ・モデル等価回路モデル不規則局所モーメント関数フィッティング日本語ヒストグラムTS-112ExcelGimp円周率TS-110LMC662片対数グラフ三次元specx.fifortUbuntu文字列疎行列不純物問題ジバニャン方程式ヒストグラム確率論マテリアルデザインP-10境界条件連立一次方程式AACircuit熱拡散方程式HiLAPW両対数グラフ陰解法MBEナイキスト線図負帰還安定性Crank-Nicolson法EAGLE最小二乗法

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ