スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LTspiceで.meas(実効値,積分値など)

LTspiceには、過渡解析などの基本的な解析コマンドと組み合わせて実効値や積分値を表示することができる.measコマンドがあります。
これらの解析に、.stepコマンドを用いたパラメータスイープを行えば横軸にスイープしたパラメータ、縦軸に.measコマンドで指定した値をとるグラフを描くことができます。


.measコマンド


LTspiceには、シミュレーション結果から、その実効値や積分値をよみだすための「.meas」コマンドが存在します。.measコマンドは、非常に広い適用範囲を持っているます。LTspiceに付属するHelpの.measureの項やエレキジャックブログの連載(5)LTSPICEで回路の検討 ウィーンブリッジ発振回路(4)が参考になります。

.measと.stepの組み合わせ


しかし、.measコマンドの真骨頂は、.stepコマンドを利用したパラメトリック解析との組み合わせにあります。.measを含むシミュレーションを.stepを用いてパラメータスイープすると、横軸にスイープしたパラメータ、縦軸に.measで指定した値をとるグラフを描くことができます。

具体的な使い方に関しては、回路シミュレーション part 3 の>>841-843さんの書き込みを以下に転載します。

841 名前:774ワット発電中さん[] 投稿日:2009/04/13(月) 15:06:02 ID:0DBBiPfl
LTspice の Changelog.txt (4.02c, 2009/4/8) にこんなことが書いてあった。

 04/04/09 The data from a .step'ed .meas statements can now be reformated to
 a .raw file and ploted (View=>SPICE Erorr Log then right button menu).

どういうことなのか試した。Error log file の画面を右クリックすると
 Plot .step'ed .meas data
が選べるのだ。

こんなグラフ (画像の右半分) ができたよ。例が悪いとは思うが。

5451.png

http://www.savefile.com/files/2075535
(DOWNLOAD FILE → DOWNLOAD WITH LIMITED SPEED → しばし待つ・・)

確かに昔 .meas した結果がプロットできたらー、とか思ったことはある。
それが出来るとなれば、うまい使い方ができる可能性はあるね。

別件だが、こんな画像や圧縮ファイルをダウンロードできる気軽なサイトは
ないのだろうか・・

842 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2009/04/13(月) 15:45:09 ID:0DBBiPfl
× ダウンロードできる気軽なサイト
○ 共有できる気軽な Web サイト ・・ でしょうか。しつれいしました。

843 名前:841[sage] 投稿日:2009/04/14(火) 22:52:07 ID:NkX2U27x
>>841
それに関して、もう一つ気づいた。
一度、.step'ed .meas 結果のプロットができたとして、そのウィンドウを選択して
保存 (save) すると *.log.plt とかいうファイルが作られる。これは普通の
*.plt と同じように働いてくれる。


湿度センサHS15Pのシミュレーション


本ブログでも、この.stepと.measを組み合わせたシミュレーションを行っています。
LTspiceでHS15P湿度計です。


004_20090627001138.png

006_20090627001138.png


このときは、過渡解析を複数回行い、横軸に湿度を、縦軸に出力電圧の平均値をプロットしました。

この解析方法を使いたくなるときは、解析対象がある程度以上複雑な回路であることが多いです。その反面、.stepコマンドで複数回の反復解析を行うため、トータルの計算時間が大きくなりがちなので注意が必要です。

関連エントリ




参考URL




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。


tag: LTspice 

comment

Secret

nutmeg ?

私が知っている頃のバークレイ版SPICEには、nutmegと名付けられたスクリプト言語が実装されていて、measureの結果を取り出したり、測定結果からベクタを作らせたり、かなり柔軟な使い方ができました。LTSpiceで、同じことができるかどうかは、確認していません。

キーワードは、 .control です。このキーワードの後の行にはスクリプトのコマンドが並びます。

# つい、コントロール・カードと呼んでしまう自分がうらめしい。

Re: nutmeg ?

のりたんさん、こんばんは。

SPICEはGUIのものしか触ったことが無いので、初めて知りました。
たしかに、シミュレーション結果を、数値/テキスト処理したいと思うことはよくありますね。スクリプト言語が扱えれば、便利だろうなと思います。

すくなくとも、.controlはLTspiceに無いような気がします。LTspiceのHelp内を検索した限りでは見つかりませんでした。
あくまでGUIとして、グラフ表示の設定は.pltファイルで行うと言うことなのかもしれません。

"nutmeg"でウェブ検索すると、木の実ばっかりヒットしました。
"spice nutmeg"で検索すると・・・やっぱり木の実ばっかり・・・
FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoC強磁性OPアンプPICCPAecaljモンテカルロ解析常微分方程式odeトランジスタ状態密度DOSインターフェース定電流PDS5022スイッチング回路半導体シェルスクリプト乱数レベルシフト分散関係HP6632AI2C可変抵抗トランジスタ技術ブレッドボード温度解析R6452A反強磁性確率論バンドギャップセミナー数値積分熱設計非線形方程式ソルババンド構造絶縁偏微分方程式ISO-I2CLM358マフィンティン半径フォトカプラシュミットトリガカオスLED三端子レギュレータGW近似A/Dコンバータ発振回路PC817C直流動作点解析USBTL431数値微分アナログスイッチカレントミラー74HC4053サーボ量子力学単振り子チョッパアンプ補間2ちゃんねる開発環境bzqltyFFT電子負荷LDAイジング模型BSch基本並進ベクトルブラべ格子パラメトリック解析標準ロジックアセンブラ繰り返し六方最密充填構造SMPコバルトewidthFET仮想結晶近似QSGW不規則合金VCAMaximaGGA熱伝導cygwinスレーターポーリング曲線キュリー温度スイッチト・キャパシタ失敗談ランダムウォークgfortran抵抗相対論位相図スピン軌道相互作用VESTA状態方程式TLP621ラプラス方程式TLP552条件分岐NE555LM555TLP521マントル詰め回路MCUテスタFXA-7020ZR三角波過渡解析ガイガー管自動計測QNAPUPSWriter509ダイヤモンドデータロガー格子比熱熱力学awkブラウン運動起電力スーパーセル差し込みグラフ第一原理計算フェルミ面fsolveCIFxcrysden最大値最小値ubuntu最適化平均場近似OpenMPシュレディンガー方程式固有値問題井戸型ポテンシャル2SC1815TeX結晶磁気異方性OPA2277非線型方程式ソルバフラクタルFSM固定スピンモーメントc/agnuplotPGA全エネルギーfccマンデルブロ集合縮退正規分布キーボード初期値interp1multiplotフィルタ面心立方構造ウィグナーザイツ胞L10構造半金属二相共存ZnOウルツ鉱構造BaOSIC重積分磁気モーメント電荷密度化学反応クーロン散乱岩塩構造CapSenseノコギリ波デバイ模型ハーフメタルRealforceフォノンquantumESPRESSOルチル構造スワップ領域リジッドバンド模型edelt合金等高線凡例軸ラベル線種シンボルトラックボールグラフの分割MAS830LPIC16F785トランス入出力CK1026PC直流解析パラメータ・モデル等価回路モデル不規則局所モーメント関数フィッティング日本語ヒストグラムTS-112ExcelGimp円周率TS-110LMC662片対数グラフ三次元specx.fifortUbuntu文字列疎行列不純物問題ジバニャン方程式ヒストグラム確率論マテリアルデザインP-10境界条件連立一次方程式AACircuit熱拡散方程式HiLAPW両対数グラフ陰解法MBEナイキスト線図負帰還安定性Crank-Nicolson法EAGLE最小二乗法

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。