METEX P-10 電流レンジのばらつき

3つのMETEX P-10(Red/Yellow/Green)に関して、電流レンジの誤差のばらつきを測定しました。その結果、オートレンジの切り替え前後で測定の不連続がはっきりと見えました。

001_20090802010734.png 002_20090802010734.png


○複数テスタの個体間の差
以前DCDCコンバータの変換効率の測定を4つのデジタルテスタで行った際、テスタの位置を入れ替えると組み合わせによっては効率が100%を超えてしまった、と言う話を聞いたことがあります。当然ながらテスタの表示には誤差が含まれていて、それらの誤差は固体によってばらばらです。

私の手元には、秋月電子通商で購入したMETEXのP-10が3台あります。
本エントリでは、METEX-P10の大きい方の電流レンジ(mA)レンジについてこれら3台のばらつきをR6452Aを基準に測定します。

○基本確度
P10の基本確度はMETEXの該当ページによると

±2.0%+4dgts

です。
±2.0はrdg.だと思いますが、言及がありません。rdg.だと信じることとします。

○測定回路

001_20090802010734.png
fig.1: 測定回路


測定には蒸気の直列回路を用いました。識別のため、P-10にはコードネーム(Red/Yellow/Green)をつけました。
システム電源HP6632AのCCモードは低電流域では電流を絞りきれなさそうだったので、自作の電子負荷を用いました。

○測定結果
以下に示すのが測定結果です。横軸にR6452Aで測定した電流、縦軸にP-10とR6452Aの差(I{P10}-I{R6452})をとりました。


002_20090802010734.png
fig.2: R6452Aとの差


○トレンドと不連続点に関する考察
fig.2をみると3つとも40mA付近に不連続点があります。Greenの不連続点は特に顕著です。
これは、P-10のmA電流レンジには、0-40mAと40mA-200mAの2レンジ存在し、これがオートレンジ機能によって切り替わったためと考えられます。

Greenに関しては、150mA付近からトレンドが変化しているように見えますが、これは何が原因であるか分かりません。

○基本確度の公称値との比較
以下に示すのは、前述の測定データに加えて、P-10の基本確度から求めた誤差の最悪値を実線としてプロットしたグラフです。


003_20090802010749.png
fig.3: 基本確度との比較


(R6452Aの測定値が正しいとするならば)METEX P-10の電流レンジの確度はそこそこの値に収まっていると考えることができます。

○関連エントリ


○参考URL


○付録
このエントリの測定データとBSch3Vの回路図ファイルを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。


○フィードバック

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。


tag: HP6632A R6452A P-10 電子負荷 

comment

Secret

INPUT IMPEDANCE.

貴記事興味深く拝読いたしました。 Thanks.

若し御存知でしたら、P-10の
DC Voltage of INPUT IMPEDANCE.
を、御教示戴ければ幸甚です。

.....小林重雄拝

Re: INPUT IMPEDANCE.

新雪爺さん

マルチポストは不快なのでやめてください。
http://airvariable.asablo.jp/blog/2012/02/04/6322764#c

エアーバリアブルさんの記事にFS9721_LP3のデータシートへのリンクが掲載されています。
その28ページに電圧測定時の分圧回路が載っています。
この回路から400mVレンジではFS9721_LP3自体の入力インピーダンスが、4V以上のレンジでは分圧抵抗の和がテスタ自体の入力インピーダンスを律速していると想像できます。FS9721_LP3自体の入力インピーダンスはデータシートに記載がないようですが、分圧抵抗よりも低いとは考えにくいでしょう。

もちろんFS9721_LP3は単なる制御チップで、データシートは単なるサンプル回路でしかありません。したがって、Metex P-10の内部での実装がどうなっているかは不明です。

しかしながら、これはP-10を分解・解析してみれば調べられる事です。
コピー&ペーストで楽して教えてもらおうなどと考えずに、自分の手を動かすように。

Re: INPUT IMPEDANCE & お詫び

おはようございます。

不快な思いをさせてごめんなさい。

言い訳になりますが、流石に喜寿になりますと、好奇心に眼力と根気が付いてこれず、つい他力に縋って仕舞います。反省、反省です。深謝申し上げます。

秋月に聞いても取説に記載がないと。
開発製造元からも返信なし。http://www.metex.co.kr/

不肖もエアーバリアブルさんの記事で知ったFS9721_LP3のデータの、7/39.18/39には着目していましたが、貴兄からの
28/39 からは、更なる示唆を受けました。本当に、有難う御座居ました。

どうも、単純に DMM だから、HI-IMPEDANCE との断定は出来ないようですね。

重ねて、不快の件、お詫び申しあげます。

.....新雪爺拝

Re: Re: INPUT IMPEDANCE & お詫び

新雪爺さん、こんにちは。

質問自体はかまいません。
マルチポスト、すなわち「同じ内容の質問を、ネット上の複数個所に投稿をする行為」を問題にしています。

マルチポストが嫌われる理由~なぜマルチポストは問題か?
http://stakasaki.at.webry.info/200512/article_3.html

エアーバリアブルさんの記事にも一言お詫びのコメントをおすすめします。
FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoC強磁性OPアンプPICCPA常微分方程式モンテカルロ解析ecaljodeトランジスタ状態密度インターフェースDOS定電流スイッチング回路PDS5022半導体シェルスクリプトレベルシフト乱数HP6632AR6452AI2C可変抵抗分散関係トランジスタ技術ブレッドボード温度解析反強磁性確率論バンドギャップセミナー数値積分熱設計非線形方程式ソルババンド構造絶縁偏微分方程式ISO-I2CLM358フォトカプラ三端子レギュレータカオスLEDシュミットトリガGW近似A/Dコンバータ発振回路PC817C直流動作点解析USBマフィンティン半径数値微分アナログスイッチTL43174HC4053カレントミラーサーボ量子力学単振り子チョッパアンプ補間2ちゃんねる開発環境bzqltyFFT電子負荷LDAイジング模型BSch基本並進ベクトルブラべ格子パラメトリック解析標準ロジックアセンブラ繰り返し六方最密充填構造SMPコバルトewidthFET仮想結晶近似QSGW不規則合金VCAMaximaGGA熱伝導cygwinスレーターポーリング曲線キュリー温度スイッチト・キャパシタ失敗談ランダムウォークgfortran抵抗相対論位相図スピン軌道相互作用VESTA状態方程式TLP621ラプラス方程式TLP552条件分岐NE555LM555TLP521マントル詰め回路MCUテスタFXA-7020ZR三角波過渡解析ガイガー管自動計測QNAPUPSWriter509ダイヤモンドデータロガー格子比熱熱力学awkブラウン運動起電力スーパーセル差し込みグラフ第一原理計算フェルミ面fsolve最大値xcrysden最小値最適化ubuntu平均場近似OpenMP井戸型ポテンシャルシュレディンガー方程式固有値問題2SC1815結晶磁気異方性OPA2277非線型方程式ソルバTeXgnuplot固定スピンモーメントFSMPGAc/a全エネルギーfccフラクタルマンデルブロ集合正規分布縮退初期値interp1multiplotフィルタ面心立方構造ウィグナーザイツ胞L10構造半金属二相共存SICZnOウルツ鉱構造BaO重積分クーロン散乱磁気モーメント電荷密度化学反応CIF岩塩構造CapSenseノコギリ波デバイ模型ハーフメタルキーボードフォノンquantumESPRESSOルチル構造スワップ領域リジッドバンド模型edelt合金等高線線種凡例シンボルトラックボールPC軸ラベルグラフの分割トランス文字列CK1026MAS830L直流解析Excel不規則局所モーメントパラメータ・モデル入出力日本語最小二乗法等価回路モデルヒストグラムGimp円周率TS-110TS-112PIC16F785LMC662三次元specx.fifortUbuntu疎行列不純物問題Realforceジバニャン方程式ヒストグラム確率論マテリアルデザインP-10境界条件連立一次方程式熱拡散方程式AACircuitHiLAPW両対数グラフ片対数グラフ陰解法MBEナイキスト線図負帰還安定性Crank-Nicolson法EAGLE関数フィッティング

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ