PSoC マイタッチパッド ワークショップ参加レポート

2008年12月9日(火)に東京コンファレンスセンター品川で行われたPSoCマイタッチパッドワークショップに参加してきました。


001_20081209220157.jpg



今回の目玉はなんと言っても、信越ポリマーのマイタッチパッド!


002_20081209220204.jpg


○進行について
そして、タッチパッドのインパクトには劣りますが、USB機器が簡単に作れてしまうというのも実習でやってみると驚きでした。(もっとも、最後のほうは三分間クッキングを眺めているような気分でしたが。)

前日の夜が遅かったからか、ワークショップ二回目だからか、午前中のPSoCの説明は眠かったです。
全体的には、とにかく駆け足だったという印象です。特に最後のほうは、「すでに出来上がったプロジェクトがあるので、これを開いて説明する順番に眺めてください」という感じ。前に参加したワンチップで実現するセンサー設計PSoCワークショップの方が自分が手を動かしたような気がしました。

ただ、三分間クッキングっぽい進行でも、ついていける人にとっては内容の濃いものだと感じられただろうと思います。逆に一度おいていかれるとつらかったと思います。私が今回持ち込んだ持ち込んだノートパソコンは、Core2 Duo 2GHzでメモリも2GBだったので、スペックはかなり良いほうだと思いますが、それでもCPUの処理が終わらないうちに次に進んでしまうという事態もあったので、スペックの低いノートパソコンで挑んだ人は更に大変だったと思います。

○お昼ごはん~

003.jpg

004_20081209220214.jpg


お弁当はまずまずのおいしさでした。
コーヒーは飲み放題だし、缶ジュースもいただきました。(←貧乏しょ~)
コーヒーは飲みすぎて途中で気持ち悪くなりました。(←馬鹿)

○次はワークショップに行ってみたいけど・・・という人へ
気軽に参加すれば良いと思います。
参加している人の多くは、お兄さんからおじさんといった年齢で、スーツを着ている方もいますが、割かしラフな格好の人が多いです。ほとんどはプロの方のようでしたが、どこからどう見ても学生といういでたちもそこそこの人数が・・・。GAINERとかの影響か芸術系の学生かもしれません・・・女性もいました。

前提知識としてあったほうがいいのは、電子工作の知識です。
PSoCでなくてもよいので、マイコンをつかった電子工作をしたことがあればベストだと思います。
「PSoCを用いた開発はやったことない」という人も大丈夫です。Cypressの職員の方が見て回っているので手を上げて質問すれば教えてもらえます。ただし事前に開発環境のインストールはやってからきてください。
逆に、マイコンも電子工作も初めてという人は、ちょくちょく分からない単語が出てくることがあると思います。まあ、それでも貴重なワークショップの機会なのでとりあえず出てみるのはありだと思います。独学で勉強するよりはずっと良いはずです。

○恥ずかしながらはじめて分かったこと
今回のワークショップで、個人的に面白かったのは「なぜPSoCはCapSenseをやたらとプッシュしてくるのか?」が分かったことです。
PSoCは、そのアナログブロックがスイッチドキャパシタの技術で支えられています。そして、CapSenseもまたスイッチドキャパシタの技術に基づく回路なんですね。だから、PSoCとCapSenseはとても相性がいいのですね。


tag: CapSense USB PSoC セミナー 

comment

Secret

私も行きたかったなぁ

授業&実験があるのでいけませんでした。
うらやましい限りです。

実験はサボれないですね

kawataさん、こんにちは。
ひょっとしたら会場で会うのではないかとも思っていましたが、それでは来られませんね。

セミナーの雰囲気ありがとう

レポートで雰囲気を味わせてもらいました。雪深い地方の
山奥に住んでいるのでセミナーは今後も参加出来ないでしょう。今後も楽しみにしています。

そうそうBS3Vの追加部品ライブラリごちそうになります。

Re: セミナーの雰囲気ありがとう

運転手さん、こんにちは。
URLの写真は、アクセスしようとすると403 forbiddenとなってしまいます。

> レポートで雰囲気を味わせてもらいました。雪深い地方の
> 山奥に住んでいるのでセミナーは今後も参加出来ないでしょう。今後も楽しみにしています。
今後も行くことがあればレポートをしようと考えています。

> そうそうBS3Vの追加部品ライブラリごちそうになります。
たいしたものはありませんが、お役に立てば幸いです。

Re: セミナーの雰囲気ありがとう

リンクng失礼しました。
psocで遊ぼうとしてweb検索していたらここに来ました。
FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoC強磁性OPアンプPICCPAecaljモンテカルロ解析常微分方程式odeトランジスタ状態密度DOSインターフェース定電流PDS5022スイッチング回路半導体シェルスクリプト乱数レベルシフト分散関係HP6632AI2C可変抵抗トランジスタ技術ブレッドボード温度解析R6452A反強磁性確率論バンドギャップセミナー数値積分熱設計非線形方程式ソルババンド構造絶縁偏微分方程式ISO-I2CLM358マフィンティン半径フォトカプラシュミットトリガカオスLED三端子レギュレータGW近似A/Dコンバータ発振回路PC817C直流動作点解析USBTL431数値微分アナログスイッチカレントミラー74HC4053サーボ量子力学単振り子チョッパアンプ補間2ちゃんねる開発環境bzqltyFFT電子負荷LDAイジング模型BSch基本並進ベクトルブラべ格子パラメトリック解析標準ロジックアセンブラ繰り返し六方最密充填構造SMPコバルトewidthFET仮想結晶近似QSGW不規則合金VCAMaximaGGA熱伝導cygwinスレーターポーリング曲線キュリー温度スイッチト・キャパシタ失敗談ランダムウォークgfortran抵抗相対論位相図スピン軌道相互作用VESTA状態方程式TLP621ラプラス方程式TLP552条件分岐NE555LM555TLP521マントル詰め回路MCUテスタFXA-7020ZR三角波過渡解析ガイガー管自動計測QNAPUPSWriter509ダイヤモンドデータロガー格子比熱熱力学起電力awkブラウン運動スーパーセルUbuntu差し込みグラフ第一原理計算フェルミ面fsolveCIFxcrysden最大値最小値ubuntu最適化平均場近似OpenMP井戸型ポテンシャル固有値問題シュレディンガー方程式TeX2SC1815結晶磁気異方性OPA2277フラクタルFSM固定スピンモーメントc/a非線型方程式ソルバgnuplot全エネルギーfcc初期値マンデルブロ集合縮退正規分布interp1ウィグナーザイツ胞L10構造multiplotフィルタ面心立方構造PGAハーフメタル二相共存ZnOウルツ鉱構造BaOSIC重積分磁気モーメント電荷密度化学反応クーロン散乱岩塩構造CapSenseノコギリ波デバイ模型キーボード半金属フォノンquantumESPRESSOルチル構造スワップ領域リジッドバンド模型edelt合金Realforce軸ラベルグラフの分割凡例線種シンボルMAS830LCK1026LMC662PIC16F785トランス関数フィッティングトラックボールPC等価回路モデルヒストグラムパラメータ・モデル不規則局所モーメント最小二乗法TS-112TS-110直流解析ExcelGimp円周率片対数グラフ両対数グラフspecx.f疎行列三次元ifort文字列不純物問題P-10等高線ジバニャン方程式ヒストグラム確率論マテリアルデザイン入出力境界条件陰解法AACircuit熱拡散方程式HiLAPWMBEEAGLE連立一次方程式ナイキスト線図負帰還安定性Crank-Nicolson法日本語

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ