PICアセンブラコードのファイルを分割する ~ファイルの記法~

この文章は前回の話
http://blogs.yahoo.co.jp/gomisai/1497479.html
の続きです。今回はソースコードを分割したときの各ファイルの記法について書きます。

このときに使わなければならない擬似命令の説明は以下のサイトの説明が読みやすいと思います。
電子工作の実験室 リロケータブルな書き方
http://www.picfun.com/asm09.html

擬似命令の意味は上記のサイトを参考にしてもらうとして個々の擬似命令に関して、使いどころと機能に関する補足を。

ほかのファイルのサブルーチンやレジスタはそのままでは使えない
同一のファイル内にあるルーチンは通常の手順でCALLGOTOをすることができますが、別ファイルにあるルーチンに対してはそのままではアクセスできません。
同様に、あるファイル内で領域を確保した汎用レジスタも別ファイルからはそのままアクセスはできません。
これを使えるようにするための擬似命令がGLOBALEXTERNです。
GLOBALはそのファイル内で定義したルーチン/レジスタをほかのファイルから呼び出されるものであることを宣言します。
EXTERNは、GLOBALとは逆にそのファイル内で呼び出しているルーチン/レジスタがほかのファイルで定義されたものであると言うことを宣言する擬似命令です。

プログラム領域の割り当て
プログラムを複数ファイルに分割しない方法では、プログラム領域のアドレス指定にORG擬似命令を使っていたと思いますが、分割する場合はORGは使えません。代わりにCODE擬似命令を利用します。
この擬似命令を使って番地を指定することもできますが、通常は番地を指定するのはリセット時の0番地と割り込み時の4番地のみで、それ以外の(普通の)モジュールではCODEの後のアドレスは省略します。省略すると、リンカが自動的に適切なアドレスを割り当てる処理をしてくれます。

データ領域の割り当て
汎用レジスタの確保にどの擬似命令を使っていたかは人によって異なると思います。多くの人はEQUを使っているかと思いますが、CBLOCKを使っている人や分割していなくてもUDATAを使っている人もいると思います。
私の推奨はUDATAです。プログラム領域に対するCODEと同様に、アドレスは省略するのが普通です。省略した場合、ほかのファイル内で確保されているデータ領域と被らない様に、リンカが汎用レジスタを自動的に割り当ててくれます。
UDATAにはUDATA_OVRUDATA_SHRという亜種があります。
まず、UDATA_OVRについて、この擬似命令はほかのファイル内でUDATA_OVRで確保されたデータ領域があった場合に、割り当てるレジスタを被らないように”しません”。これを用いることにより使用するレジスタの数を節約することができるので、一時レジスタを確保する場合に使います。なお、同一のUDATA_OVRで確保された領域は互いに被ることはありません。
UDATA_SHRは、データ領域を確保する際に共有データ領域からデータを確保します。共有データ領域のレジスタはどのバンクからでもアクセスすることができます。したがって、アクセスする際に後述するBANKSELを利用する必要がなくなります。ただし、PICの種類により共有データ領域が存在しないものもあるので注意が必要です。
以上の3つに関して、ひとつの擬似命令の中で定義されたラベルは連続したアドレスに確保されることになります。したがって、ひとつのUDATA他で定義される一連のラベルは複数のバンクにまたがることはできません。

分割アセンブルによる弊害
CODEUDATAを利用することにより、明示的にアドレスを指定しなくてもリンカが自動的に割り当ててくれるため、ソースを書くのが容易になります。一方、ソースを書いている段階ではアドレスが確定していないということは欠点でもあります。
レジスタ/ルーチンのバンク/ページがそれぞれバンク0/ページ0に収まっているサイズの場合はともかく、そうでない場合はバンク/ページの特定ができなくなるためです。これに対処するための擬似命令が、BANKSEL/PAGESELです。

上であげた「電子工作の実験室 リロケータブルな書き方」のリンクリンク先の下のほうからソースコードを分割したときのサンプルコードがダウンロードできます。ダウンロードして眺めれば大体理解できると思います。

今回はここまで、次回は「アセンブラとリンカ」について書くつもりです。



comment

Secret

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoCOPアンプCPA強磁性PICモンテカルロ解析常微分方程式odeトランジスタecalj状態密度DOSインターフェース定電流スイッチング回路PDS5022半導体シェルスクリプト乱数レベルシフトHP6632A温度解析分散関係I2Cトランジスタ技術R6452A可変抵抗ブレッドボードセミナーバンドギャップ数値積分確率論反強磁性偏微分方程式バンド構造絶縁熱設計非線形方程式ソルバフォトカプラシュミットトリガLEDLM358カオスISO-I2C三端子レギュレータGW近似A/Dコンバータカレントミラーアナログスイッチ数値微分マフィンティン半径TL431発振回路サーボPC817CUSB直流動作点解析74HC4053補間FFTBSch開発環境パラメトリック解析2ちゃんねるチョッパアンプ量子力学bzqlty電子負荷イジング模型LDA標準ロジックアセンブラ基本並進ベクトルブラべ格子単振り子熱伝導位相図TLP621キュリー温度繰り返し状態方程式MaximaVESTAスイッチト・キャパシタ相対論FETランダムウォークスピン軌道相互作用SMP六方最密充填構造抵抗不規則合金ewidthスレーターポーリング曲線GGAラプラス方程式cygwingfortranQSGW失敗談コバルト条件分岐TLP521テスタLM555Writer509TLP552格子比熱マントルデータロガー自動計測詰め回路ガイガー管ダイヤモンドQNAPMCUFXA-7020ZR過渡解析三角波UPSNE555固有値問題熱力学ブラウン運動フェルミ面awk起電力第一原理計算OpenMPfsolveubuntu最大値xcrysden最小値最適化仮想結晶近似VCA差し込みグラフスーパーセル井戸型ポテンシャル平均場近似シュレディンガー方程式FSMフラクタルOPA2277固定スピンモーメント2SC1815全エネルギー合金multiplotgnuplotc/aTeX結晶磁気異方性interp1ウィグナーザイツ胞初期値マンデルブロ集合疎行列面心立方構造fcc不純物問題非線型方程式ソルバフィルタL10構造PGA半金属二相共存SICZnOウルツ鉱構造BaO重積分クーロン散乱磁気モーメント電荷密度三次元CIF岩塩構造CapSenseノコギリ波デバイ模型ハーフメタル正規分布フォノンquantumESPRESSOルチル構造スワップ領域リジッドバンド模型edelt縮退キーボード軸ラベルグラフの分割凡例トラックボールPC不規則局所モーメント片対数グラフトランス両対数グラフCK1026MAS830L直流解析Excel円周率パラメータ・モデルヒストグラム日本語最小二乗法等価回路モデルGimp線種シンボルTS-110TS-112PIC16F785LMC662化学反応文字列specx.f入出力ifortマテリアルデザインヒストグラム確率論Realforce等高線ジバニャン方程式P-10Ubuntuナイキスト線図Crank-Nicolson法陰解法熱拡散方程式HiLAPWAACircuit連立一次方程式負帰還安定性境界条件EAGLEMBE関数フィッティング

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ