真・Writer509作りました。

数週間前に作ったあまりできのよくないWriter509は先輩に押し付けてしまって、自分はちゃんとしたのを作りました。




概要

Writer509とはオレンジ電子の電子工作さまが公開されている簡易型PIC Writerです。簡易型といってもPIC12/16/18Fへの対応は申し分なく、動作も環境によらず安定しています。

問題点としては、Writer509を製作するに当たってWriter509そのものの制御用にPICへ書き込みができる環境が必要であるというものがあります。この問題は俗に鶏卵問題と呼ばれているようです。

対策としては、製作するというスタンスから
ファームウェア最初の1個 オレンジ電子工作さま
PICデュアルライター でんし研さま
購入してしまうというスタンスから
ミニPICプログラマ(PIC18F対応版、組立キット)[W509mini18kit販売価格: 2,800 円 (税込)] ハーフマットさま
とこれは、対策になっていないかもしれませんが・・・。

構成

今回私が製作した回路図はこちらです。



今回の構成に限らず一般的にWriter509は以下の4つの要素によってなります。
・PCとのインターフェース部
・制御部
・Vpp生成部
・書き込み用ソケット部

インターフェース

私の回路ではUSB-シリアル変換回路の部分に相当します。秋月電子通商FT232RLが安価に販売されているので私はこれを利用しました
ただしFT232RLを利用する場合はシリアル通信の論理がRS232Cのものと反転しています。この場合はオレンジ電子工作さまからダウンロードするファームウェア"I"つきのものを選択してください。
FT232RLをつかってUSBシリアル変換をする場合PC側にUSB-シリアル変換IC用のドライバのインストールと設定が必要になります。e電子工房さまの説明がスクリーンショットつきで分かりやすいです。

なお、オレンジ電子工作さまによる原典ではシリアルポートからの出力をTTLレベルへ変換する回路をもちいています。


この回路は、えるむさまのRS-232C - TTLレベルの簡易変換方法の解説が分かりやすいです。

制御部

私の回路図中ではWriter509制御部の部分になります。PCから送られてきたデータによりターゲットに書き込み信号を送ります。
原典ではVpp制御用のレベルシフト回路としてトランジスタを使ったものとツェナーダイオードを使ったものがあります。8.1Vのツェナーダイオードなぞたくさんあっても多分使いませんが、2SC1815はいくらあってもそのうち使い切るでしょう。

制御用のPICとしてはPIC12C509 PIC12F509 PIC12F629/675 PIC12F683などが使えるようです。ファームウェアはオレンジ電子工作さまのダウンロードの項目からダウンロードできますが、なぜかPIC12F683用のファームウェアはファームウェア最初の1個の項目からダウンロードするようになっています。こちらは"I"付きと"I"なしが同じフォルダに入っています。

Vpp生成部

PICは書き込み時に電源電圧よりも高い12V前後の電圧を引火する必要があります。これがVppです。
要は、数mAの電流が取れる12V電圧源なら何でもかまいません。
5Vから12Vを作る簡単な方法として私はTL497Aを昇圧コンバータを作りました。TL497Aは鈴商にて1個105円で購入できます。

原典にあるように555を使った昇圧コンバータを作ってもよし、MAX662のようなチャージポンプタイプの昇圧回路を作ってもよいでしょう。

書き込みソケット

PICへの書き込みはおもにソケットで行います。わたしはPIC16F57に書き込むことなんか絶対無いと思うので原典にある40Pinゼロプレッシャーソケットの配置にしてみました。

コネクタ/ピンフレームをつければICSPも可能ですが、Writer509の構成上どんなターゲット基板にでもICSPができるというわけではないようです。

PC側ソフトウェア

2008年10月13日追記です。
でんし研のTADさんが、オリジナルのものに加えて、最近秋月で扱い始めたPICへ対応したWriter509のPC側ソフトVer.2.53+aを公開されています。

Writer509の品種拡大オレンジ電子さんのWriter509はすばらしいソフトです。しかし、秋月さんで売られだした新しいPICに対応してないのが気になっていました。本家の更新を待つべきでしょうが色々と事情があるようなので勝手に亜流版を作りました(オレンジ電子さん、ごめんなさい)。22品種を追加しました追加したPICは、PIC10F220, F222PIC12F510, F609, F610, F615, F616PIC12HV609, HV610, HV615, HV616PIC12F631PIC16F636, F639PIC16F677, F685, F687, F689, F690PIC16F716, F785, HV785PIC16F882, F883, F884, F886, F887 です。

とのことです。ありがたい限りです。

写真

誰も見たがらないかもしれませんが、私の作ったWriter509。















tag: PIC Writer509 USB 

comment

Secret

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoC強磁性OPアンプPICCPAecaljモンテカルロ解析常微分方程式odeトランジスタ状態密度DOSインターフェース定電流PDS5022スイッチング回路半導体シェルスクリプト乱数レベルシフト分散関係HP6632AI2C可変抵抗トランジスタ技術ブレッドボード温度解析R6452A反強磁性確率論バンドギャップセミナー数値積分熱設計非線形方程式ソルババンド構造絶縁偏微分方程式ISO-I2CLM358マフィンティン半径フォトカプラシュミットトリガカオスLED三端子レギュレータGW近似A/Dコンバータ発振回路PC817C直流動作点解析USBTL431数値微分アナログスイッチカレントミラー74HC4053サーボ量子力学単振り子チョッパアンプ補間2ちゃんねる開発環境bzqltyFFT電子負荷LDAイジング模型BSch基本並進ベクトルブラべ格子パラメトリック解析標準ロジックアセンブラ繰り返し六方最密充填構造SMPコバルトewidthFET仮想結晶近似QSGW不規則合金VCAMaximaGGA熱伝導cygwinスレーターポーリング曲線キュリー温度スイッチト・キャパシタ失敗談ランダムウォークgfortran抵抗相対論位相図スピン軌道相互作用VESTA状態方程式TLP621ラプラス方程式TLP552条件分岐NE555LM555TLP521マントル詰め回路MCUテスタFXA-7020ZR三角波過渡解析ガイガー管自動計測QNAPUPSWriter509ダイヤモンドデータロガー格子比熱熱力学起電力awkブラウン運動スーパーセルUbuntu差し込みグラフ第一原理計算フェルミ面fsolveCIFxcrysden最大値最小値ubuntu最適化平均場近似OpenMP井戸型ポテンシャル固有値問題シュレディンガー方程式TeX2SC1815結晶磁気異方性OPA2277フラクタルFSM固定スピンモーメントc/a非線型方程式ソルバgnuplot全エネルギーfcc初期値マンデルブロ集合縮退正規分布interp1ウィグナーザイツ胞L10構造multiplotフィルタ面心立方構造PGAハーフメタル二相共存ZnOウルツ鉱構造BaOSIC重積分磁気モーメント電荷密度化学反応クーロン散乱岩塩構造CapSenseノコギリ波デバイ模型キーボード半金属フォノンquantumESPRESSOルチル構造スワップ領域リジッドバンド模型edelt合金Realforce軸ラベルグラフの分割凡例線種シンボルMAS830LCK1026LMC662PIC16F785トランス関数フィッティングトラックボールPC等価回路モデルヒストグラムパラメータ・モデル不規則局所モーメント最小二乗法TS-112TS-110直流解析ExcelGimp円周率片対数グラフ両対数グラフspecx.f疎行列三次元ifort文字列不純物問題P-10等高線ジバニャン方程式ヒストグラム確率論マテリアルデザイン入出力境界条件陰解法AACircuit熱拡散方程式HiLAPWMBEEAGLE連立一次方程式ナイキスト線図負帰還安定性Crank-Nicolson法日本語

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ