LTspiceで演算増幅回路

以下(fig.1)に示すような回路があるとします。


001_20120204024428.png
Fig.1: V1の電圧が0Vのとき、outの電圧は何ボルトでしょう?


R1は1Ωで1Aの電流が流れています。
V1における電圧は0Vでした。outにおける電圧は何ボルトでしょうか?

答えは1Vで、単純にオームの法則から求めることができます。

V = R * I = 1Ω * 1A = 1V

です。


反転増幅回路


これと同じ状況は、OPアンプ回路でよく見ます。
OPアンプは、負帰還をかけて、反転入力端子と非反転入力端子が同電位となる様にして使われるからです。(ヴァーチャルショートあるいは仮想短絡などと呼ばれます。)
Fig.2-3は、こういった場合の少し現実的な回路です。


002_20120204024428.png

003_20120204024428.png
fig.2-3: V1の電位はGNDと同電位だとわかる


抵抗値や電流・電圧を計算しやすい値にしていましたが、肝心なのは比率だけなので、実際の回路設計で使いやすい値に変更しても同じことです。(Fig.4-5)


004_20120204024427.png

005_20120204024427.pngfig.4-5: より現実的な回路定数として、R1を10kΩにI1を100uAに変更


これを90度回転させると、よく見慣れた反転増幅回路となります。(fig.6-7)


006_20120204024427.png

007_20120204024508.pngfig.6-7: 一般的な反転増幅回路


もう少し複雑な回路:加算回路, 対数増幅回路


こういった考え方は、『一見すると複雑な回路』の動作を考えるときに役に立つかもしれません。

たとえば、先ほどの反転増幅回路において電流源の数を増やせば加算回路になります。


008_20120204024507.png

009_20120204024815.pngfig.8-9:加算回路


また、R1の代わりに抵抗以外の素子を入れると、その素子の特性を反映した増幅回路になります。
一例として、ダイオードを入れた回路を紹介します。


010_20120204024507.png

011_20120204024506.pngfig.10-11:素朴なログアンプ


ダイオードの電流-電圧特性は、指数(対数)関数的です。
したがって、増幅回路も線形ではなく指数(対数)的なものになります。

『一見すると複雑な回路』もヴァーチャルショートを仮定すると、挙動が追いかけやすくなります。
ただし、OPアンプ素子そのものは、負帰還をかけた増幅回路としても、負帰還をかけないコンパレータとしても使われることがあるので、注意が必要です。(その両方のようなトリッキーな回路にも需要があるようです:しきい値付近で線形増幅器になるコンパレータ)

補足:ログアンプの温度特性


fig.10に示した素朴なログアンプは、通常、実用的ではありません。その原因は、帰還素子として利用するダイオードの温度特性が極端であるからです。

前述の素朴なログアンプを、LTspiceで温度解析したものがfig.12-13です。20℃から50℃まで温度変化が出力に与える影響は、入力電圧に換算すると最大で一桁程度の変化に相当します。


012_20120204024506.png

013_20120204024524.pngfig.12-13:素朴なログアンプの温度解析(20-50℃)


よほど限られた用途以外では、これだけ大きな変動は許容されないはずです。そのため、ログアンプは温度補償を必要とします。温度補償の詳しい解説は、岡村 廸夫著 定本 OPアンプ回路の設計等に書いてあります。

関連エントリ




付録


このエントリで使用したLTspiceのシミュレーション用ファイルを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。(参考:ねがてぃぶろぐの付録)


参考文献/使用機器




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。

tag: LTspice OPアンプ  

OPアンプのバイアス電流と高抵抗

一般的に、OPアンプ回路に使う抵抗は1k-100kΩ程度が良いとされています。しかしながら、ほとんどの使い方では、メガオーム以上の抵抗を使うことがないので、高抵抗を使うとどうなるのかを実感することは、多くありません。
今回は、低周波数のフィルタ回路を作る際に、OPアンプの入力バイアス電流の大きさと抵抗値の関係性が問題になった例を紹介します。

001_20120128192250.png 002_20120128192249.png 003_20120128192249.png 004_20120128192248.png


カットオフ周波数100mHzのハイパスフィルタ


趣味の電子工作で作るフィルタの帯域は、可聴域であることがほとんどで、広帯域のフィルタと言われると、高い周波数まで性能がよいフィルタということになります。

しかし、今回は、それとは逆の話で、低周波数の交流フィルタ回路の話を紹介します。
地惑実験(電子回路)のときの話です。
(厳密に言うと、回路設計や対処をしたのは私が休んだ日の話なので、私がやったのは、後日行った原因解明です。)

地震の研究は、地球惑星科学の中でも王道のひとつです。地震による建物の固有周波数は、およそ数Hz程度です。
地球惑星科学科の電子回路実習では、実験室がある建物の固有周波数が計測できれば面白いということで、秋月電子通商の3軸加速度センサをデータロガーに接続して、計測を行いました。

秋月の加速度センサは、単電源動作をさせるため、出力電圧にVcc/2のバイアスがかかっています。しかしながら、これでは、信号を増幅する際うっとおしいので、交流結合して直流分をカットしてしまおうと思いました。ただし、計測したい信号周波数が低いため、ハイパスフィルタのカットオフ周波数を低くしなければなりません、そんなわけで設計した100mHzのハイパスフィルタがfig.1-2です。


001_20120128192250.png
002_20120128192249.png

fig.1-2: カットオフ周波数100mHzのハイパスフィルタ


しかしながら、この回路を実際に組んでみると、期待通り動作する学生と、無信号時でも出力に数百mV程度のオフセット電圧が乗ってしまう学生とが出てきました。
それぞれの回路を比べると、どうやらOPアンプにuA741を選択した学生の回路ではオフセット電圧が発生し、TL071を選択した学生にはオフセットが現れないということでした。

原因はOPアンプのバイアス電流


uA741は、バイポーラトランジスタ入力のOPアンプです。これに対して、TL071はJFET入力のOPアンプです。
これらの構成上の違いは、OPアンプの入力インピーダンスに現れます。

uA741の入力バイアス電流の標準値は80nAで、TL071の65pAと比較すると3桁以上悪い値です。
バイアス電流の影響をモデル化するためにfig.1の回路の非反転入力端子に電流源I1を接続し、出力にあらわれるオフセット電圧のシミュレーションを行いました。


003_20120128192249.png
004_20120128192248.png

fig.3-4: 入力バイアス電流が出力のオフセットに与える影響


シミュレーション結果fig.4から明らかなように、バイアス電流10nAあたり100mVのオフセット電圧が発生しています。これは、数十nAのバイアス電流を持つuA741を使った学生の回路で数百mVのオフセットが見られたことを定量的に説明できます。

電流源I1の電流はR2に流れることにより電位差を発生させます。この電圧が出力のオフセット電圧の原因です。したがって、(C2を大きくできる、カットオフ周波数がより高いなどの理由で)R2の値が小さければ出力のオフセットはより小さくなることになります。

高抵抗・高容量を必要とする回路


一般論として、OPアンプの帰還抵抗や入力抵抗に利用する抵抗の値は1k-100kΩ程度が良いと言われています。
可聴域のフィルタを作っている限りは、メガオームを超える抵抗を扱うことはほとんどないので、抵抗値が高すぎることに頭を悩ますことは稀でした。

フィルタ回路だけでなく、発振回路の場合も、低周波数を実現するためには高抵抗・高容量の素子が必要になります。
高容量かつ高精度のコンデンサは高価なので、結果的に高抵抗を使うことを選ばざるを得ないことはあると思います。
今回の問題の本質は、uA741がTL071よりも劣っていたというよりは、高抵抗を使うような設計に対して無神経であったところにあると思います。

関連エントリ




付録


このエントリで使用したLTspiceのシミュレーション用ファイルを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。(参考:ねがてぃぶろぐの付録)


参考文献/使用機器




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。

tag: LTspice OPアンプ 

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoC強磁性CPAPICOPアンプecalj常微分方程式モンテカルロ解析状態密度トランジスタodeDOSインターフェース定電流スイッチング回路PDS5022半導体シェルスクリプト分散関係レベルシフト乱数HP6632AR6452A可変抵抗トランジスタ技術温度解析ブレッドボードI2C反強磁性確率論数値積分セミナーバンドギャップバンド構造偏微分方程式非線形方程式ソルバ熱設計絶縁ISO-I2Cカオス三端子レギュレータLM358GW近似マフィンティン半径A/DコンバータフォトカプラシュミットトリガLEDPC817C発振回路数値微分直流動作点解析サーボカレントミラーTL431アナログスイッチUSB74HC4053bzqltyVESTA補間電子負荷アセンブライジング模型BSch量子力学単振り子2ちゃんねるチョッパアンプLDA開発環境基本並進ベクトルFFT標準ロジックブラべ格子パラメトリック解析抵抗SMPMaxima失敗談ラプラス方程式繰り返し位相図スイッチト・キャパシタ熱伝導状態方程式キュリー温度gfortranコバルトTLP621不規則合金Quantum_ESPRESSO六方最密充填構造ランダムウォーク相対論ewidthスピン軌道相互作用FETQSGWVCAcygwinスレーターポーリング曲線GGA仮想結晶近似PWscfシュレディンガー方程式LM555ハーフメタル固有値問題NE555最小値ガイガー管QNAPUPS自動計測ダイヤモンドマントルTLP552格子比熱最適化MCU井戸型ポテンシャル最大値xcrysdenCIF条件分岐詰め回路フェルミ面差し込みグラフスーパーセルfsolveブラウン運動awk過渡解析起電力三角波第一原理計算FXA-7020ZRWriter509Ubuntuテスタ熱力学データロガーTLP521OpenMPubuntu平均場近似MAS830LトランスCK1026PIC16F785PGA2SC1815EAGLEノコギリ波負帰還安定性ナイキスト線図MBEOPA2277P-10フィルタCapSenseAACircuitLMC662文字列固定スピンモーメントFSMTeX結晶磁気異方性全エネルギーc/a合金multiplotgnuplot非線型方程式ソルバL10構造正規分布等高線ジバニャン方程式初期値interp1fcc面心立方構造ウィグナーザイツ胞半金属デバイ模型電荷密度重積分SIC二相共存磁気モーメント不純物問題PWgui擬ポテンシャルゼーベック係数ZnOウルツ鉱構造edeltquantumESPRESSOフォノンリジッドバンド模型スワップ領域BaO岩塩構造ルチル構造ヒストグラム確率論マテリアルデザインフラクタルマンデルブロ集合キーボードRealforceクーロン散乱三次元疎行列縮退化学反応関数フィッティング最小二乗法Excel直流解析PCTS-110TS-112日本語パラメータ・モデル等価回路モデルcif2cell入出力陰解法熱拡散方程式HiLAPW両対数グラフCrank-Nicolson法連立一次方程式specx.fifort境界条件片対数グラフグラフの分割円周率ヒストグラム不規則局所モーメントGimpシンボル軸ラベル凡例線種トラックボール

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ