スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FETを用いたUSB機器の電池/Vbus切り替え回路

逆さまトランジスタ2SC2878の記事では、バイポーラトランジスタはベース電流と同じ方向にしかコレクタ電流を流せないという話をしました。

一方FETの場合は、ON状態ではどちらの方向にも電流が流れます。
とはいっても、MOSFETはドレイン-ソース間にボディダイオードを持っているため片側は常に導通になります。




しかしながら、OFF状態でボディダイオード経由で電流を流すのとONにして積極的にFET本体を電流を流す場合では、損失に差が出ます。普通はボディダイオードのVf分の損失のほうがFETのON抵抗による損失よりも大きいためです。
同期整流スイッチングレギュレータでは、このボディダイオードを還流ダイオードの代わりにする用途などがあります。

こういったことを踏まえて、Pch MOS-FETを直列に接続して双方向のスイッチとした面白い例を紹介します。
初心者質問スレ その44にて質問に上がった回路です。

172 名前:774ワット発電中さん[] 投稿日:2008/05/16(金) 18:32:00 ID:ufqX9KSt
質問です。



は、USB機器の電池<>VBUS切替回路なのですが、図中Q2の存在理由が分かりませんダイオードがあるべきと思うのですが、なにかメリットがあるのでしょうか?
分かる人教えて!

173 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2008/05/16(金) 18:51:23 ID:MEu1CgPf
>>172ダイオードだと、電池(3V)で駆動するとき、そのダイオードのVFの分だけVDDが下がる。Q2だと、電池で駆動するとき、Q2のドレイン・ソース間抵抗(RDS)による電圧降下の分だけVDDが下がる。VFはショットキーダイオードを使った場合で0.3Vくらい。RDSはFETの品種によるが、仮に1Ωのものを使ったとして、RDSによる電圧降下は100mA流れると0.1V。もっとRDSが低いか電流が少ないなら、電圧降下はもっと少なくなる。電池駆動で大電流を使いつづけることは少ないので、ダイオードを使うよりもFETでスイッチするほうが電圧降下が少なく有利になることが多い。



>>173に書かれている回路図をボディダイオードを含むFETのシンボルに書き換えて見ました。




Q2の部分に>>173の言うダイオードが並列に入っていることが分かります。
さて、たった19分で適切な解答がついてしまっていますが、LTspiceによるシミュレーションをみて確認してみましょう。






0sの時点では、USBに接続されておらずバッテリー電源がVCCに供給されています。このときのM1のゲート-ソース間電圧はグラフの濃い青のラインになり、M1がONします。
するとM1とM2のドレインの電位が3Vとなります。この段階でVCCの電圧がこれよりも低い場合はM2のボディダイオードを通じて電流が流れM2のソース電圧も約3Vとなります。M2のゲート-ソース間電圧も、グラフの黄緑のラインのようにM2をONさせるのに十分な電圧にあります。
1sの時点から、USBからバス電源である5Vを供給されはじめます。するとD1を通じてGATEの電圧が上がりM1,M2をOFFにします。D2を通じてVCCに電源が供給されます。

これと同じ要領でN-ch MOS-FETを使って、I2Cの双方向レベルシフタを構成することが出来ることを異なる電圧レベル間でI2Cのコメント欄にてhatoさんに指摘されています。hatoさんありがとうございます。
スポンサーサイト

tag: LTspice FET USB 

ハンダ付け職人のハンダゴテ





セットの品目の選択の際の着眼点は以下の通り。
「高すぎず」「コテ先の選択肢が多い」「コテ先温度が調節できる」「セラミックヒーターを使っていて熱効率が良い」「しっかりしたコテ台、細い糸ハンダ、少量のフラックス、ハンダ吸い取り線」の条件にマッチしたハンダコテセットです。

この条件に関しては、私も全く同意見です。ゼロから全てそろえるのならこのセットは悪くない選択肢かなと思います。

---

話は変わりますが、私の使ってる半田ごてを紹介します。

半田ごては、HAKKO No.984-01を使っています。押しボタンで出力を20Wから130Wへ切り替えられます。温度調整ではありませんが、私にはこれで十分です。




こて台はgoot ST-11です。




こて台に必要な条件は、ある程度の重さがあって安定していることです。ケーブルが引っかかって半田ごてごとひっくり返るとかはちょっと勘弁です。

すらほもちつにみんななすんらのな

なんだか知らないけど、キーボードのローマ字入力とかな入力が切り替わってしまった。

答えを言うと[Alt]+[カタカナひらがな]同時押しで切り替わるのだが、普通、切り替え方なんか知らない・・・そういう時はネットで検索だ!

・・・ハッ!かな入力で文章打つとか、無理だし。

てなわけで、「ローマ字入力」と検索したいところをかな入力のままキーボードで打って「すらほもちまにみんななすんらのな」で検索してみた。

すると案の定あった。Windows TIPS(ウインドウズ豆知識)

件の記事のタイトルは、「ro-majinyuuryoku」だったので、私の記事のタイトルは「ro-mazinyuuryoku」としておこう。

逆さまトランジスタ2SC2878

以前異なる電圧レベル間でI2Cという記事の中でバイポーラトランジスタは、一般的にエミッタとコレクタを入れ替えても動作するというようなことを書きました。

2SC1815の様な普通のトランジスタをこのように使う場合は、以下の2点が問題になります。
・逆方向ののhFE(リバースhFE,βR)が低い
・エミッタ-ベース間の耐圧VEBOが低い

このような問題を克服したトランジスタとして2SC2878等があります。2SC2878のデータシートより
・エミッタ-ベース間電圧が大きい。 : VEBO = 25 V (最大)
・リバースhFE が大きい。 : hFE = 150 (標準) (VCE = -2 V, IC = -4 mA)

このようなトランジスタはオーディオのミュートに使われるようです。
参考回路がトランジスタ技術2003年1月号P206(PDF,210KB)に載っています。

LTSpieceでシミュレーションしてみました。2SC2878のモデルが無いのでトランジスタのモデルはデフォルトのものです。






Q1のエミッタ電流を測ると以下のようになります。両方向に電流が流れていることが分かります。



2SC2878自体はマルツなどで入手できるようです。

tag: LTspice トランジスタ 

死亡理由書の書き方

---

※あくまでジョーク記事です。真に受けないようにお願いします。

---

さて、死亡理由というと死亡にいたる理由ということになりますが、これは「肉体的な死亡理由」と「精神的な死亡理由」の2種類が考えられます。ここでは、精神的な死亡理由を取り上げた死亡理由書の書き方を扱います。

死亡理由書のチェックポイント

最初に死亡理由書を書くにあたって注意すべき点を列挙しておきます。
 ?誤字脱字が無いこと
 ?自分の言葉で書いてある
 ?良い印象を与えている
 ?構成がしっかりとしており、説得力がある文章
 ?自筆で書くこと(ワープロは厳禁)
 ?日付、氏名、捺印が必要

?誤字脱字が無いこと
?自分の言葉で書いてある
?良い印象を与えている
これらは、総じて読み手に好印象を与えるために必要なことです。
同じ理由で字は丁寧に書きましょう。

?構成がしっかりとしており、説得力がある文章
死亡にいたる動機と経緯がはっきりと伝わるように、理論的な文章とすることを心がけます。気持ちが昂ぶるとあれこれと詰め込みがちですが、文章全体を通して首尾一貫した内容となるようにします。
死亡に向けての熱意が伝わることが重要です。

?自筆で書くこと(ワープロは厳禁)
?日付、氏名、捺印が必要
民法968条参照。脅迫文のように、定規に当てて筆跡を隠した文字や新聞の切抜きなどを利用するのことは怨恨などの場合においては創意工夫がなされており好印象を与えると考えがちですが、同じ理由でNGです。

死亡理由書の文章構成

ほとばしる思いのたけをぶちまけるというと、情熱のまま一気に書き進めてしまうというのも考えられますが、少し落ち着いてください。死亡理由書は、読み手に渡ってからは修正が効かない類の文章です。
決して一晩で書き殴るなどという事をしてはいけません。
段落を分けて、文章構成をしっかり分ける必要があります。

 ?人生を振り返って
 ?死亡理由(死亡動機)
 ?死亡に至る経緯
 ?死亡後の展望
 ?辞世の句
 ?日付、氏名、捺印

?人生を振り返って
あなたの人生など、あなたが思っているほどには周りの人間は注意を払っていません。
前提知識として少し触れると良いでしょう。数行程度で簡潔にまとめるのが良いでしょう。

?死亡理由(死亡動機)
死亡に至るきっかけを簡単にまとめます。

?死亡に至る経緯
?をうけて詳しく書きます。ここをもって死亡理由書の核と成すと言ってもよいでしょう。
どのような思考経路を通じて死亡するにいたったのかを明確にします。ここで注意しなければならないのは、他の選択肢のうちからなぜ死亡を選択したのかが明確に伝わる説得力のある文章にする必要があるという点です。

?死亡後の展望
方向性は二つあります。死亡後の現世での展望とスピリチュアルな展望です。
どちらの方向性を選ぶにしても(あるいは両方であっても)??を生かす方向に持っていくのが良いです。言い換えると死亡をすることによる効果によって死亡後の展望が開けることが肝心です。
唐突に「いま、あなたの後ろにいます。」等という文章が出てくるというのも面白いかもしれません。

?辞世の句
死亡理由書のものではないが、秀逸な句をひとつ紹介します。

かぎのおと おやがわたしや もうだめぽ

上に挙げたものは現代を代表する廃人やすだゆういち氏の詠んだ句。

379 名前: まとめると 投稿日: 01/11/30 08:16 ID:Not59G71かぎのおと(5)  おやがわたしや(7)       もうだめぽ(5)二行目の「や」は、「詠嘆」三行目については、「句の最後を「ぽ」で止めるのは、今までに無い新しい表現ではないでしょうか」との新説訳すと、「鍵の音がする。親が(鍵を)渡してしまったのだなぁ。もうすぐ、私は(警察に)逮捕されてしまうのだろう」

と、高い評価を受けている。
辞世の句は必ずしも必要なものではありませんが、あれば死亡理由書の最後に一言の彩を加えることが出来るでしょう。

?日付、氏名、捺印
必要なことなので必ず書いてください。

死亡理由書をかくにあたって大事なことは、いかに死亡したいかをはっきりと伝えることです。死亡理由書は冥途へのラブレターなどとも呼ばれます。ラブレターに手抜きをするなんてことはありませんよね。好きな人に気持ちを伝えるのと同じように情熱的な死亡理由書を作りましょう!

上野国立科学博物館ダーウィン展




6月22日(日)まで、上野の国立科学博物館にてダーウィン展が開催されています。入館料は一般・大学生/1,400円、小・中・高生/600円です。開催期間があとわずか(今週中!)なので興味がある人は急いで!

課題6月22日まで上野の国立科学博物館で開催しているダーウィン展を見学して、以下の点に注意して締め切りまでに報告をまとめて提出すれば、10点をレポートと試験の点数(100点満点)に加点する。もちろん報告提出しなくてもよい。ただダーウィン展の見学は強く勧める。

・・・というわけで、ダーウィン展に行ってきました。




以前現代美術館に行ったときも思いましたが、課題でもないとこういうところに行かないのはよくないですよね。いや、むしろ課題が出てくれてありがたいというべきか・・・。実はこういうの大好きなんですけど。

ダーウィンといえば「進化論」で有名な人です。今回の展示は、生物の進化に関するものとダーウィンの進化論と当時のヨーロッパ社会とのかかわりに関するものが主でした。

しかし、単純にダーウィンがビーグル号の航海で目にした興味深い動物たちの展示を眺めるだけでも楽しめると思います。さらに追加で500円かかりますが、音声ガイドはオススメできます。こういった展示で音声ガイドを頼んだのは初めてだったのですが、頼んでみて納得しました、こういった展示は音声ガイドがあることを前提に作られています。

それでは!展示の内容を写真を交えて紹介していきましょう!!!

国立科学博物館の正面!



その横にある蒸気機関車!!
































・・・館内撮影禁止でした。

というわけで、簡単な感想を。

展示の要旨は、『ダーウィンの進化論はそれ以前の生物の分類学と比較して、それらの種の違いが進化によって分化したものだとする点で斬新であった。しかしキリスト教社会においては、生物は創造主たる神が創ったとする聖書の教えに反する「種の起源」の出版は、非常に大きな反発を招くであろうことは明らかであった。ダーウィンの苦悩と社会の反応は?!』という感じ。
特定の宗教が社会的に浸透しているということの無い日本においては、なかなか実感しにくい話ですが、科学的に正しい(すくなくとも正しいだろうと考えられるに足る科学的根拠のある)理論が社会的に受け入れられ難い場合の軋轢と考えれば、決して過去の話として笑い飛ばせる類のものではないと思いました。
もっとも現代の日本においてそのような軋轢の要因となるのは、宗教観などではなく、多くの場合は利権であったりするような気がするのが悲しいところですが。

ちなみに、平日の今日(というか昨日、6月17日火曜日)に行ったにもかかわらず結構混んでました。寝坊して着いたのが14時だったのが悪かったのかもしれませんが、それにしてもちょっとつらかったです。今週の土日に行くつもりなら朝から行くことをオススメします。
ちなみに、特別ゆっくり眺めたつもりは無かったのですが、最後の展示を見終わったのは丁度閉館時間ぴったりの17時でした。結構見るのに時間がかかります。

関係ありませんが、明らかに同じ授業のレポートのために来たと思われる二人組がいたのは微笑ましかったです。話しかけませんでしたが。

スパムログ

【コメント】2008/2/14(木) 午後 4:24 [ マシル ]
【コメント】2008/2/14(木) 午後 5:52 [ アドバーグ ]
【コメント】2008/2/15(金) 午後 3:40 [ アドバーグ ]
【コメント】2008/2/18(月) 午前 7:17 [ マシル ]
【コメント】2008/2/18(月) 午前 9:33 [ アドバーグ ]
【コメント】2008/2/19(火) 午前 5:02 [ アドバーグ ]
【トラックバック】2008/2/19(火) 午前 11:54 [ ドンパッチ ]
【トラックバック】2008/2/22(金) 午後 3:05 [ 仕事やめておk? ]
【トラックバック】2008/2/24(日) 午前 10:38 [ もう仕事やめてもいい?w ]
【コメント】2008/2/28(木) 午後 10:29 [ yu-ki♪ ]
【トラックバック】2008/2/28(木) 午後 10:57 [ お・な・に・ぃ ]
【コメント】2008/2/29(金) 午後 9:58 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/1(土) 午後 3:42 [ ハセヲ ]
【コメント】2008/3/1(土) 午後 11:58 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/2(日) 午後 3:36 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/2(日) 午後 3:59 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/3(月) 午後 6:27 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午前 0:27 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午前 2:30 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午前 4:28 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午前 6:28 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午前 10:29 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午前 11:45 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午後 1:46 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午後 4:06 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午後 5:50 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午後 11:57 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/4(火) 午後 11:57 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/5(水) 午前 3:49 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/5(水) 午前 10:08 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/5(水) 午前 11:50 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/5(水) 午後 0:31 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/5(水) 午後 2:28 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/5(水) 午後 4:34 [ yu-ki♪ ]
【コメント】2008/3/5(水) 午後 9:24 [ ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ]
【コメント】2008/3/10(月) 午後 9:42 [ ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ]
【コメント】2008/3/18(火) 午前 2:01 [ urageinoujouhou ]
【コメント】2008/3/26(水) 午前 0:23 [ fr03256 ]
【コメント】2008/3/28(金) 午前 3:04 [ ura03273 ]
【コメント】2008/4/16(水) 午後 9:05 [ love08163 ]
【コメント】2008/4/16(水) 午後 9:05 [ love08163 ]
【コメント】2008/4/17(木) 午後 10:32 [ ★絢香★ ]
【コメント】2008/4/18(金) 午後 8:03 [ キャバ嬢★ミサキ★ ]
【コメント】2008/4/21(月) 午前 1:59 [ 山本かおり@元アナウンサー ]
【トラックバック】2008/4/22(火) 午前 6:05 [ 仕事の最新情報 ]
【トラックバック】2008/4/22(火) 午前 6:06 [ 金融お役立ち情報 ]
【トラックバック】2008/4/30(水) 午後 10:21 [ ヒットエンドぴゅっ! ]
【コメント】2008/4/30(水) 午後 11:56 [ lovetensionson2 ]
【コメント】2008/5/1(木) 午前 0:26 [ lovetensionson2 ]
【コメント】2008/5/3(土) 午前 10:24 [ キリギリス ]
【コメント】2008/5/4(日) 午前 3:27 [ みさき ]
【コメント】2008/5/8(木) 午後 2:32 [ パンダ ]
【コメント】2008/5/9(金) 午後 3:28 [ ムーミンパパ ]
【コメント】2008/5/9(金) 午後 4:21 [ ゆかりん ]
【コメント】2008/5/9(金) 午後 7:10 [ ジュリア♪ ]
【コメント】2008/5/11(日) 午前 6:40 [ リンリン ]
【コメント】2008/5/11(日) 午前 6:41 [ キングダム ]
【コメント】2008/5/11(日) 午前 7:10 [ takakuma2006 ]
【コメント】2008/5/13(火) 午前 6:27 [ eddie ]
【コメント】2008/5/14(水) 午後 2:11 [ 小池芳郎 ]
【コメント】2008/5/15(木) 午前 2:09 [ つぶやき太郎 ]
【コメント】2008/5/15(木) 午前 3:16 [ ゆいか ]
【コメント】2008/5/15(木) 午後 4:58[ あーーこ ]
【コメント】2008/5/16(金) 午前 1:33 [ みく@ぽん ]
【コメント】2008/5/17(土) 午前 1:30 [ モグパパ ]
【トラックバック】2008/5/19(月) 午後 6:02 [ yTnklzod旬くん ]
【コメント】2008/5/24(土) 午前 9:09 [ マサヒロ ]
【コメント】2008/6/3(火) 午前 2:14 [ - ]
【コメント】2008/6/3(火) 午前 2:14 [ - ]
【コメント】2008/6/7(土) 午前 1:33 [ さむらい ]
【コメント】2008/6/7(土) 午前 5:15 [ サッカ-小僧 ]
【トラックバック】2008/6/7(土) 午後 8:00 [ f5vMZU0r幸太 ]
【トラックバック】2008/6/7(土) 午後 8:01 [ Wcy8ynCu幸太 ]
【コメント】2008/6/8(日) 午前 4:41 [ はるか ]
【コメント】2008/6/9(月) 午前 2:29 [ あや ]
【コメント】2008/6/11(水) 午前 2:55 [ tueeyereason ]
【コメント】2008/6/17(火) 午前 0:15 [ - ]
【コメント】2008/6/17(火) 午前 0:16 [ - ]
【コメント】2008/6/17(火) 午後 5:51 [ パペポ ]
【コメント】2008/6/18(水) 午後 6:58 [ せぶん ]
【トラックバック】2008/6/29(日) 午後 9:36 [ 54GOLd5Lほっしー ]
【トラックバック】2008/7/7(月) 午後 6:14 [ び⊃ち ]
【コメント】2008/7/14(月) 午前 0:22 [ アイドル裏情報 ]
【コメント】2008/7/14(月) 午後 10:25 [ おやじライダー ]
【トラックバック】2008/7/20(日) 午前 1:09 [ ぷちょ ]
【コメント】2008/8/13(水) 午前 0:32 [ せぶん ]
【コメント】2008/9/7(日) 午前 3:39 [ クパァ星人 ]
【コメント】2008/9/13(土) 午後 2:46 [ クパァ星人 ]
【コメント】2008/9/15(月) 午前 10:06 [ クパァ星人 ]
【コメント】2008/9/24(水) 午後 8:08 [ クパァ星人 ]
【コメント】2008/9/28(日) 午前 3:22 [ クパァ星人 ]
【トラックバック】2008/9/30(火) 午後 7:52 [ まさる ]
【コメント】2008/10/3(金) 午前 3:36 [ RAOSU ]
【トラックバック】2008/10/5(日) 午前 10:05 [ コンプ ]
【コメント】2008/10/15(水) 午前 8:58 [ カナメ ]

秋月OPアンプOPA2277のオフセット電圧測定

scratchの方に書いた秋月OPアンプOPA2277の記事にて、秋月で扱っているOPA2277のランクがよく分からないという文章を書いたところ、コメント欄にてmako_shark2008(mako_shark1043)さんがOPA2277のオフセット電圧測定の実験結果を報告してくださいました。mako_shark2008さん本当にありがとうございます。

ご報告申し上げます。
電源は±9V (9V乾電池二つ)
ゲインおよそ1000倍(60dB)の非反転増幅回路。
増幅回路の入力をグランドに落として測定しました。オフセット電流をチャラにするために、V+にぶら下がっているインピーダンスと同じだけの抵抗をV-に接続しました。まあ100Ω//100kΩなんて100Ωなので100Ωですがね。
アンプは二回路あるので、それぞれA,Bとしました。
フィードバック抵抗値の測定から
Gain(A)=985くらい
Gain(B)=992くらい
Vout(A)=-12.5mVでしたので、Voffset(A)=-12.7uV
Vout(B)=+17.2mVでしたので、Voffset(B)=+17.3uV

という測定結果を得ました。通電数分後のオペアンプの温度は27℃(=室温、オペアンプにサーミスタ貼り付けて測定)くらいでした

今回私はmako_shark2008さんの実験の追試験を行いました。その結論は『オフセット測定から断定出来る結果は出なかった。』でした。
しかし、パッケージの刻印を読むにOPA2277PAであると考えるのが妥当でしょう。

試験回路の外見


回路図



非反転増幅回路を基本とし、入力バイアス電流誤差を打ち消すためにR2(R5)を挿入しました。
抵抗は誤差1%以内の金属皮膜抵抗を用いました。

ゲインGは非反転増幅回路なので
G=1+(R1/R3)
抵抗の誤差を考慮するとゲインのとり得る範囲は
981.2<G<1021.2

電源電圧は±12Vです。これは若松通商で購入した格安スイッチング電源なので、スイッチングノイズが気になります。室温は27℃で冷房をかけた状態なので、そのぐらいということで。

電圧の計測に使ったのは、秋月電子のポケット・デジタルマルチメータ P-10です。

アンプAの出力電圧:-2.8mV


アンプBの出力電圧:-5.3mV



アンプBに関して、出力電圧は全て入力オフセット電圧に起因すると仮定しゲインを980倍として計算すると、入力オフセット電圧Vosは

Vos=-5.3mV/980=5.41uV

となります。
実験装置の精度がことごとくいい加減であることを考えても、少なくともこの個体の入力オフセット電圧が25uVを超えていることは無いでしょう。

本当にOPA2277Pだったのか、たまたま当たりのOPA2277PAを引いたのか計測からは分からなかったので、代わりにパッケージの写真を載せておきます。

パッケージ表面になされているランクの表記はこんな感じです。



下線部が型番で、少し離れた丸の中にAという文字が書かれています。



拡大するとこんな感じ。三脚を持っていないので手ぶれしてます。



離れているので、不安になりますがこの外見からOPA2277PAであると断定してもいいと思います。少なくとも設計段階ではOPA2277PAであると考えておいたほうがいいでしょう。

tag: OPアンプ OPA2277 

トラ技7月号別冊 LTspiceスタートアップ・マニュアル

今月のトラ技を購入したところ、小冊子として「LTspiceスタートアップ・マニュアル」というものが付いて来ました。内容は、大雑把に以下のような感じです。

・インストールと基本的な使い方
・ビヘイビアモデルを使った少し複雑な波形の作り方
・フィルタの設計例

インストールや基本的な使い方の説明は、良くも悪くも馬鹿丁寧な感じです。
ビヘイビアモデルの使い方はkosakaさんのLTSpice/SwCAD III を使うのPDFに無いので読んでおくとよいと思います。

フィルタの設計の話は、前半と著者が代わり本誌とも連動した形になるのでしょうか?まだあまり読んでないのですが、現実の回路に近いモデルの立て方やシミュレーション結果の解釈に関する話題まで参考になりそうです。

紫陽花

あじさいの花が好きだ。




あの、なんともいえない淡いグラデーションが。心を惹かれるものというのは、やはり変わらないもので、昨年もあじさいの写真を撮っていた。しかも、昨年は夕立を狙って雨の中で・・・。昨年撮った写真のほうが格段にいい。

そういえば、HKN*さん連続であじさいの写真を載せるらしいです。自分でいい写真が撮れないときには、他の人の写真を見て楽しむことにしようと思います。

PSoC First Touch Kit

秋葉原へ買い物に行ってきました。今回の目玉は秋月で購入したPSoC FirstTouch(PSoCスターターキット)です。




秋月のサイトでは、以下のように書かれています。
◎PSoCチップ4個がもれなくもらえる・キャンペーン実施中(詳細はパッケージをご覧ください) ◎さらに抽選でiPod nanoが当たる

気になるパッケージの詳細。



というわけで、貰えるのはCY8C29466-24PXIとCY8C27443-PXIのDIPとの事。秋月で売ってる奴ですね。

れいぼう

このブログの昨日の訪問者数は101人だった。こんなに人が来たのは初めてだ。びっくり。
それはともかく、やばい




何がやばいって、昨日冷房つけたらなんだか怪しげな音がした。
それどころか、電源切った後も怪しげな音がする。仕方が無いからプラグを引っこ抜いたら青い火花が・・・。

仕方が無いから、代わりになる涼しくなるものを買ってきた。怪しくない音が鳴る上に、105円とリーズナブル。しかも、電気を使わないから環境にもやさしい。

ついでに、眺めているだけで背筋が涼しくなる思い出の品も一緒につるしておいた。残念ながらこちらはもう電気があっても使えない。



電子工作用語の基礎知識

データシートを読んでいると思わず「日本語でおk」といいたくなるような文章に出くわすことがよくあります。こういった文章の内容が理解できないのは、(本当に日本語が崩壊している場合も結構ありますが、)ほとんどの場合において電子工作の基本的な用語や概念を知らないからだとおもいます。

NECエレクトロニクスのページにそういった予備知識に関するページがあります。

用語集の形になっていて読みやすいです。

もう蚊が・・・

夏ですねぇ~
もうすでに蚊がいました。




思うにこの蚊取り線香の豚、昨年の日記にも書いてあるところをみるとこの豚さんは3年目なんですねぇ。

7LED順次点灯回路

LEDがボタンを押すたびに1灯→2灯→3灯→・・・と点灯する回路を実際にブレッドボード上に製作しました。




動画を撮るに際して、自分の指でタクトスイッチをカチカチ押すのもアレなので、タイマー555で発振回路を組みました。



基本はLEDがボタンを押すたびに1灯→2灯→3灯→・・・と点灯する回路と変わりませんが、LMC555まで含めた回路図を描きました。




tag: LED ブレッドボード 標準ロジック 

非反転

2ちゃんねるの電気電子板★ オペアンプ #5にて、非反転という言葉についてのやり取りがありました。

7 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 04:00:44 ID:AoHAdr9F教えてください。OP AMPの増幅回路って、反転増幅と非反転増幅しがありますが、この呼び方について教えてください。「反転」はいいと思うのですが、「非反転」はなぜ「正転」と言わないのでしょうか?アメリカ人は正転とは言わずに、non-invertingと言うからそれを直訳したということでしょうか?8 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 05:44:03 ID:TIbT1ewc>>7「正転」・・・・OP AMPが回転するのかな??9 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 06:50:57 ID:DLNAEBpsInverting amplifierNon-inverting amplifierこいつらの直訳でしょ。("op amp invert" とかで Web 検索してみました)明治の頃はひたすら外国語を日本語に訳すのに苦労していたけど、その後、めんどうになってきて、直訳・カタカナ書きに後退したようだね。まあ、原語の文を読んだとき、用語でまごつかないように、という親心なんでしょう。10 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 06:59:02 ID:5S1nfhbQ>>7????非反転は正転じゃないからだよ。言葉の意味が全然違うだろ。11 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 07:11:09 ID:DLNAEBps昔、演算増幅器の黎明のころ、まずは反転増幅器を作ると加減算+積分とかができる。非反転増幅器はそれのちょっと高度な応用。CMRR とかも考えなくちゃ。やっぱ op amp の基本は反転増幅なんだろうな。12 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 09:00:23 ID:qQ4BR5XP「正転」って、「転ぶ」んだよね。でも非反転に、「転ぶ」って印象はないよね。「転ばない」わけだから、非・・でいいんじゃないかな?13 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 12:23:51 ID:Uoj/zQ61うん、転ばない反転の反対語は正転じゃないあえて言えば直通…、直行…、透過… そんなニュアンス14 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 14:06:46 ID:zK1rTXZ+7です。みなさん、ありがとうございました。確かに正転というのは変ですね。でも「ひはんてん」は何か言いにくいものがありますね。慣れのもんだいでしょうかね。ありがとう。

非反転という言葉の違和感は、おそらく「非」と「反転」という言葉が両方ともそれに続く語を否定する語である様に感じられるからだと思います。
そのように考えると面白いのが、>>11さんのやっぱ op amp の基本は反転増幅なんだろうな。という説明。
わざわざをつけて否定するのは、否定される前が普通の状態で、否定されたほうの状態が例外的だということ。いいかえると、反転のほうが通常の状態で、非反転のほうがイレギュラー的であるということ。

自分はOPアンプをはじめて知ったときから単電源で使うのが基本だったので、一番最初に覚えたのは非反転増幅回路でした。しかし、OPアンプを両電源で使うのが基本だった昔の人たちにとっては、反転増幅回路がメインだったのでしょう。いまOPアンプの入門書を読んでみても反転増幅回路のほうが基本であるように書かれていますし、電源電圧に依存しない理想OPアンプを考えてみれば反転増幅回路のほうが理解しやすいような気がします。なんとなく。

そういわれてみると、トランジスタ1石のエミッタ共通回路もインバータですし、デジタル回路でもインバータが基本ですね。

June 3, 2008

数えてみたら更新したのがちょうど先週の今日。あっというまですねー。
…こうやって年をとってゆくのでしょうか。

きょうもおきたら午後でした。流れ行く雲をぼんやり見たり、雲の種類をネットで調べたりしてました。本当はほかにやらなきゃいけないことがたくさんあるのですが。ついつい誘惑に負けてしまい…。弱い生き物です。

私って見かけによらずついつい考えすぎてしまうので。しかもたいていは悪い方向にばかり。

この年になってこんなことを言っているのはいかがなものかと思いますが!




↑写真と本文は関係ありません



















※この記事はブログ更新ジェネレーターで作りました。
FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRScilabmachikaneyamaKKRPSoCCPAOPアンプPIC強磁性モンテカルロ解析常微分方程式トランジスタodeインターフェース状態密度DOSecalj定電流PDS5022スイッチング回路半導体シェルスクリプト乱数レベルシフトHP6632A温度解析ブレッドボードI2CR6452A分散関係トランジスタ技術可変抵抗確率論数値積分反強磁性セミナー非線形方程式ソルバ絶縁バンドギャップ熱設計偏微分方程式バンド構造GW近似カオス三端子レギュレータLEDフォトカプラシュミットトリガISO-I2CA/DコンバータLM358USBカレントミラーTL431マフィンティン半径PC817C数値微分アナログスイッチ発振回路サーボ直流動作点解析74HC40532ちゃんねる標準ロジックチョッパアンプLDAアセンブラFFTbzqltyイジング模型ブラべ格子開発環境補間量子力学電子負荷BSchパラメトリック解析単振り子基本並進ベクトル熱伝導繰り返しGGAMaximaTLP621ewidthSMP相対論抵抗位相図ランダムウォークスピン軌道相互作用六方最密充填構造不規則合金FETコバルト失敗談QSGWcygwinスレーターポーリング曲線スイッチト・キャパシタラプラス方程式gfortranキュリー温度状態方程式条件分岐格子比熱TLP552LM555TLP521三角波NE555過渡解析FXA-7020ZRWriter509テスタ詰め回路MCUマントルダイヤモンドQNAPデータロガーガイガー管自動計測UPS井戸型ポテンシャルawk第一原理計算仮想結晶近似ブラウン運動差し込みグラフ平均場近似fsolve起電力熱力学OpenMPスーパーセル固有値問題最適化最小値VCAシュレディンガー方程式VESTAubuntu最大値面心立方構造PGAOPA2277L10構造非線型方程式ソルバ2SC1815fccフェルミ面等高線ジバニャン方程式ヒストグラム確率論マテリアルデザイン正規分布結晶磁気異方性interp1フィルタ初期値ウィグナーザイツ胞c/aルチル構造岩塩構造スワップ領域リジッドバンド模型edeltBaOウルツ鉱構造重積分SIC二相共存ZnOquantumESPRESSOCapSensegnuplotmultiplot全エネルギー固定スピンモーメントFSM合金ノコギリ波フォノンデバイ模型ハーフメタル半金属TeXifortTS-110不規則局所モーメントTS-112等価回路モデルパラメータ・モデルヒストグラムExcel円周率GimpトラックボールPC直流解析入出力文字列マンデルブロ集合キーボードフラクタル化学反応三次元Realforce縮退日本語最小二乗法関数フィッティング疎行列シンボル線種ナイキスト線図陰解法負帰還安定性熱拡散方程式EAGLECrank-Nicolson法連立一次方程式P-10クーロン散乱Ubuntu境界条件MBEHiLAPW軸ラベルトランスCK1026MAS830L凡例PIC16F785LMC662AACircuit両対数グラフ片対数グラフグラフの分割specx.f

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。