QNAPに繋いでいたUPSが役に立った件

先日の雷で私の住んでいる地域では停電がありました。

以前QNAP NASで家庭用ファイルサーバで紹介したとおり、私は大学の研究室でQNAP NASをファイルサーバーとして24時間稼動させています。
NASもPCと同じで、突然電源を切られると中のデータが破損する可能性があります。
そこで、私は無停電電源装置(UPS)をあらかじめ接続しておいたのですが、今回の停電では無事に自動シャットダウンが行われていました。


無停電電源装置(UPS)は、見た目は少し大きなテーブルタップですが、停電が起こったときには接続されているPCやNASへシャットダウン信号を送り、システムがシャットダウンされるまでの間の電力を内蔵しているバッテリーから供給します。

停電当時、私はファイルサーバーとは別の所にいたのですが、停電が復帰した後で確認してみると、システムログに正常にシャットダウンされた旨が出力されていました。

もちろん事前に正常にシャットダウン出来るかのテストはしていたのですが、まさか本当にUPSのお世話になる日が来るとは思っていませんでした。

最近のオススメ(?)構成


QNAP NASで家庭用ファイルサーバの当時の組み合わせは、一部入手困難になっているようです。同等品と言うよりは、アップグレードになってしまいますが、強いてあげるなら以下の様な感じでしょうか?



HDDに関してですが、NAS用としてはWDのRedシリーズの評判が良いようです。QNAP NASで家庭用ファイルサーバではWD Greenの低速病に煮え湯を飲まされた件について書きましたが、WDのRedは、そもそもNAS用に開発された物であるとのことです。

今回、非常に役に立ったCyberPower UPS Backup BR 350 350VA/210W CP350HG JPですが、残念ながらAmazonでは在庫切れのようです。
そこで、代替案としてCyberPower UPS CP550 550VA/330W 矩形波 CP550 JPを挙げます。電力容量的にはCP375 JPでも大丈夫なのではないかと思いますが、残念ながらCP375 JPには自動シャットダウン機能がありません。

この事に関して株式会社フォースメディアのプレスリリースには、以下の様に言及されています。

CP550 JPはQNAP社TurboNASの連動シャットダウンに対応し、万が一の電源トラブル時には、UPSと連動して安全にNASをシャットダウンさせることが可能です。
※CP375 JPには連動シャットダウンの機能はありません。


関連エントリ




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。

tag: QNAP UPS 

QNAP NASで家庭用ファイルサーバ

単なる物欲ブログになってしまいそうですが、私のパソコン周りのもろもろを紹介しようと思います。
今回は、QNAPというメーカーのNAS(Network Attached Storage)について。

130414-224627.jpg

Fig.1: QNAP NASとバックアップ用USB接続HDDとUPS


fc2ブログの広告が余りにも煩わしいので、だったら自分で広告をはる方がまだマシであろうということで、電子工作ネタでは無く恐縮ですが、とにかく更新します。


QNAP NASとは


NASというのは、Network Attached Storageの略称で、ものすごく簡単に言ってしまうとLAN接続の外付けハードディスクです。
外付けHDDというとUSB接続の物が真っ先に思い浮かぶと思います。LAN接続の外付けHDDのアドバンテージは、複数のPCから同時にアクセスできるということです。
このため、あちこちのPCにデータが散らばってしまいがちな人にとっては、データを一箇所にまとめておけるので便利です。もしもネットワークに詳しければ、インターネットを通じて外出先からもデータにアクセスできるようにすることも出来ます。(私はまだ試してませんが。)

実のところQNAPは、外付けHDDとして説明するのは適切ではなく、実際には小型で低消費電力なファイルサーバーです。
ファイルサーバーとして使うことも、実はまだまだ役不足で、中身はlinuxの入った汎用省電力サーバーです。
具体的な活用方法は、例えばITmediaでは“真・最強NAS”活用術 第3回:はじめてのNASに――手ごろな価格で手に入る「TS-110」を使う等に解説があります。

オススメ(?)構成


オススメかどうかは分かりませんが、以下に示すのが私の構築している環境の全てです。
私が使っているのはTS-112ではなくTS-110なのですが、もはや(上位互換の)TS-112方が安いようなのでコチラを紹介します。



低速病


QNAP NASはハードディスクが別売りとなっていて、厳密に言えばハードディスクケースに分類される商品です。したがって、自分で中に入れるHDDを用意しなければならないのですが、ここで注意すべき点はWesten Digital Caviar Green シリーズは絶対に選んではいけないということです。

実を言うと、私自身もうっかりこのトラップに嵌ってしまい俗に言う『低速病』を味わいました。低速病とはWD Caviar Green WD15EADS の低速病が起こったり直ったり [コンピュータ]によると

Westen Digital Caviar Green シリーズで発生する通称「低速病」は、いわゆるPIO病・低温病といった数割程度のパフォーマンス低下ではなく、数KB/s?数MB/sレベルの致命的な速度低下問題や、ディスクそのものを認識しない間欠障害を指します。特に EARSシリーズで採用された4KBセクタ(Big Sector,Advanced Format Architecture,Large Sector)をレガシーOS (Windows XP, Mac OS 9等)で使用した際の低パフォーマンス問題と混同している方を多く見かけます。紛らわしいネーミングですが、混同しないよう注意願います。


といったものです。引用文でも再三警告されていることですが、この症状が出ると単に動作が遅くなるといったレベルではなく、低速病という名前に反して、実質的には使えなくなると考えたほうが正しいです。

この問題のもうひとつ根の深い点は『TS-110』や『TS-112』でGoogle検索をするとWDのGreenとセットで紹介しているページが少なくないことです。このことが2次被害3次被害を拡大させていると思います。
なおQNAPの公式ページには互換性のあるHDDのリストがあり、GreenシリーズはNot Recommended Hard Drivesすなわち推奨できないHDDリストに載っています

現状私のTS-110は(たまたま大学生協にあった)TOSHIBA DT01ACA200 2TBに乗せ換えたことで元気に動いています。

バックアップ


さて、必要なファイルをNASに集めることが出来るということは、逆に言えば、NASが破損すると、一気に全てのファイルを失ってしまうリスクがあることを意味します。したがって、データを定期的にバックアップする事は非常に重要になります。

バックアップの方法は色々考えられますが、私はもっともシンプルな方法として、USB接続の外付けHDDをQNAP NASに接続して定期的に自動でバックアップをさせています。(参考:外付けデバイスへのバックアップ)

USB外付けHDDは、QNAPの容量と同じだけの容量を持ったものなら何でもいいと思いますが、私はうっかり購入してしまったWDのGreenを玄人志向のUSB外付けHDDケースに入れて使っています。



TS-219PIIなどのHDDを複数個搭載できる上位機種でRAID1(ミラーリング)を構成するというアイデアもありますがRAIDはバックアップにならないの原則に従って、今回は見送りました。

また、TS-219PIIなどの複数ベイモデルでRAIDを使わずに定期コピーを行うという選択肢もありましたが、バックアップは物理的に異なるハードウエアに対して行うほうが良いと思ったので外付けHDDを選びました。こうしておけばQNAP NAS本体が壊れたときでもUSB外付けHDDを直接PCにつないでデータを読むことが出来ます。

無停電電源装置(UPS)


複数のPCからネットワーク越しにアクセスする運用なら必然的に長時間(おそらく24時間)電源を入れっぱなしで使うことになると思います。そうすると怖いのが停電や瞬停です。この停電対策に用いられるのが、無停電電源装置(UPS)です。

無停電電源装置とは、テーブルタップの中にバッテリーと充電回路・DCAC変換回路が入っていて(1)通常はAC電源をバイパスしつつバッテリーに充電し(2)停電するとバッテリーからAC出力を取り出して接続機器に電力を供給する、というものです。



無停電電源装置にも主にバックアップ動作時の出力波形の質(矩形波か正弦波か)やバッテリ容量に関してピンキリありますが、私の用途程度ならCyberPower UPS Backup BR 350 350VA/210W CP350HG JP程度で充分です。

またQNAPは標準でCyberPower UPS Backup BR 350 350VA/210W CP350HG JPに対応しており、USBケーブルを接続するだけで、管理Webページの『ホーム』→『外部デバイス』→『UPS設定』から停電時にNASを自動シャットダウンする設定が出来ます。

ups.png
Fig.2: CyberPower UPSはUSB接続をするだけで認識する


実際にQNAP NASをCyberPower UPS Backup BR 350 350VA/210W CP350HG JPに接続した状態でUPSのACプラグを抜いて停電を模擬してみたところ、バックアップ動作をした後、QNAPを正常に自動シャットダウンすることが出来ました。
大学の研究室で使っているので、万が一にもそんな事はないとは思いますが、これで停電が起こっても大丈夫です。

参考URL




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。

tag: QNAP TS-110 TS-112 UPS 

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoCOPアンプCPA強磁性PICモンテカルロ解析常微分方程式odeトランジスタecalj状態密度DOSインターフェース定電流スイッチング回路PDS5022半導体シェルスクリプト乱数レベルシフトHP6632A温度解析分散関係I2Cトランジスタ技術R6452A可変抵抗ブレッドボードセミナーバンドギャップ数値積分確率論反強磁性偏微分方程式バンド構造絶縁熱設計非線形方程式ソルバフォトカプラシュミットトリガLEDLM358カオスISO-I2C三端子レギュレータGW近似A/Dコンバータカレントミラーアナログスイッチ数値微分マフィンティン半径TL431発振回路サーボPC817CUSB直流動作点解析74HC4053補間FFTBSch開発環境パラメトリック解析2ちゃんねるチョッパアンプ量子力学bzqlty電子負荷イジング模型LDA標準ロジックアセンブラ基本並進ベクトルブラべ格子単振り子熱伝導位相図TLP621キュリー温度繰り返し状態方程式MaximaVESTAスイッチト・キャパシタ相対論FETランダムウォークスピン軌道相互作用SMP六方最密充填構造抵抗不規則合金ewidthスレーターポーリング曲線GGAラプラス方程式cygwingfortranQSGW失敗談コバルト条件分岐TLP521テスタLM555Writer509TLP552格子比熱マントルデータロガー自動計測詰め回路ガイガー管ダイヤモンドQNAPMCUFXA-7020ZR過渡解析三角波UPSNE555固有値問題熱力学ブラウン運動フェルミ面awk起電力第一原理計算OpenMPfsolveubuntu最大値xcrysden最小値最適化仮想結晶近似VCA差し込みグラフスーパーセル井戸型ポテンシャル平均場近似シュレディンガー方程式FSMフラクタルOPA2277固定スピンモーメント2SC1815全エネルギー合金multiplotgnuplotc/aTeX結晶磁気異方性interp1ウィグナーザイツ胞初期値マンデルブロ集合疎行列面心立方構造fcc不純物問題非線型方程式ソルバフィルタL10構造PGA半金属二相共存SICZnOウルツ鉱構造BaO重積分クーロン散乱磁気モーメント電荷密度三次元CIF岩塩構造CapSenseノコギリ波デバイ模型ハーフメタル正規分布フォノンquantumESPRESSOルチル構造スワップ領域リジッドバンド模型edelt縮退キーボード軸ラベルグラフの分割凡例トラックボールPC不規則局所モーメント片対数グラフトランス両対数グラフCK1026MAS830L直流解析Excel円周率パラメータ・モデルヒストグラム日本語最小二乗法等価回路モデルGimp線種シンボルTS-110TS-112PIC16F785LMC662化学反応文字列specx.f入出力ifortマテリアルデザインヒストグラム確率論Realforce等高線ジバニャン方程式P-10Ubuntuナイキスト線図Crank-Nicolson法陰解法熱拡散方程式HiLAPWAACircuit連立一次方程式負帰還安定性境界条件EAGLEMBE関数フィッティング

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ