LTspiceでチャージポンプ負電源

見城尚志著電子回路入門講座よりチャージポンプ型の負電源回路のシミュレーションをLTspiceで行い、負荷電流の増大にともない出力電圧が降下し、リプル電圧が増える様子を確認しました。この場合の電力の変換効率は、最大でも50%程度であり、DCDCコンバータとしてはかなり低い方です。

001_20110128034301.png 003_20110128034301.png 005_20110128034301.png


簡単な負電源の必要性


マイコン回路などの単電源で動作させることが多い回路であっても、2-3個のOPアンプを利用したい場合はよくあります。
こういった場合は、単電源OPアンプを利用することになるかと思いますが、単電源OPアンプは、各種のパラメータで両電源OPアンプに劣っている場合が多いですしGND付近での非線形性など、単電源であることに起因する問題も存在します。

要求される出力電流が小さい場合、簡易的な負電源を用意する方が手間が化からない事も多いです。
手軽にn倍電圧やn倍負電圧を用意する方法として、チャージポンプ型(スイッチトキャパシタ方式、コッククロフト・ウォルトン回路とも)の電源が挙げられます。
今回のエントリでは、見城尚志著電子回路入門講座のP339よりNE555を用いた負電圧発生回路をLTspiceを用いてシミュレーションします。

ロードレギュレーション


ダイオードのモデルには1N4148を用いました。

負荷電流を0-60mAまで変化させたときに、出力電圧やその変動がどのようになるかをシミュレーションしました。
以下にLTspiceによる結果を示します。


001_20110128034301.png
fig.1: チャージポンプ負電源のスケマティック

002_20110128034323.png
fig.2: 出力電圧波形

003_20110128034301.png
fig.3: 出力電流に対する出力電圧、及び、出力電圧変動


fig.2に示したのが、それぞれの出力電流における出力電圧波形をプロットしたものです。

これを、LTspiceで.meas(実効値,積分値など)の方法を使って、分かり易くプロットしなおしたものがfig.3です。横軸に出力電流をとっています。
赤のラインで示したのが、出力電圧の絶対値です。理想的には12Vとなるはずですが、出力電流が大きくなるにつれて電圧降下が起こっていることが確認できます。
このグラフに関しては、電子回路入門講座に実測データが示されています。比較を行ったところ、LTspiceのシミュレーション結果の方が現実の回路よりも優れた特性を示しているため、実際に製作する場合は充分に余裕を持った設計をする必要があります。

同様に、出力電圧の変動(リプル)をピークtoピークでプロットしたのがfig.3の緑のラインです。出力電流が大きくなるほどリプルも大きく、ノイジーになっていることが分かります。

変換効率


LTspiceで.meas(実効値,積分値など)の方法を使い、入出力間の変換効率を求めました。


004_20110128034323.png
fig.4: 変換効率のシミュレーション用スケマティック

005_20110128034301.png
fig.5: 出力電流に対する変換効率(%)


変換効率は、最大でも50%程度となっており、DCDCコンバータとしては極めて悪い値です。

アプリケーション例


チャージポンプ式電源は、電力を取り出すための電源回路としては必ずしも優れているわけではありませんが、簡単に高い電圧を作り出すことができるという点では優れています。

応用回路としては、以下のようなものがあげられます。



タイマIC:NE555について


さて、今回の回路の中心部分となっているタイマICの555ですが、最近は話題に上がることが多くなっています。
トランジスタ技術2010年12月号2011年01月号では555の特集を行っていましたし、WEB上では555を題材にしたコンテストが開催されています(応募締め切りは2011年3月1日!)。

このタイマICであるNE555は古いICですが、今でも頻繁に利用されます。
特にCMOS版の互換ICであるLMC555は秋月電子通商で極めて安価に販売されているため、アマチュア電子工作で非常に良く使われます。私も以下のような点でとても気に入っています。

  • 安い
  • 電源電圧範囲が比較的広い
  • 出力電流容量が大きい


関連エントリ




参考URL




付録


このエントリで使用したLTspiceのシミュレーション用ファイルを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。(参考:ねがてぃぶろぐの付録)


参考文献/使用機器




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。

tag: LTspice NE555 LM555 

NE555でのこぎり波

タイマICとして有名なNE555の応用回路のほとんどは、CRの時定数を利用した発振回路です。
CRの時定数を用いる方法は、電源電圧に依存せずCとRの値だけで周波数を決定できる利点があります。

このときの充電波形は、少し膨らんだ擬似のこぎり波(広義ののこぎり波)になります。こういった擬似のこぎり波はPMWコンパレータの比較入力などに利用されますが、このとき膨らみに起因する入力と出力の対応の非線形性が問題になる場合があります。

そこで、今回はトランジスタ技術2005年3月号のトラ技サーキット・ライブラリから「タイマIC LM555を使ったのこぎり波発生回路」を紹介します。

001_20081123203309.png 002_20081123203315.png



以下に示すのが、555をつかった狭義ののこぎり波発生回路です。


001_20081123203309.png
fig.1

002_20081123203315.png
fig.2


カレントミラーで構成された定電流回路でC2へ充電を行っています。しかしながら、この定電流回路を使っているため、発振周波数は電源電圧に依存します。


003_20081123203322.png
fig.3

004_20081123203328.png
fig.4


電源電圧を5Vから12Vまでスイープしてみたところです。
発振周波数を微調整するためには、VCCを安定化した上でR3を可変抵抗とすれば良いでしょう。


005_20081123203333.png
fig.5

006_20081123203339.png
fig.6


2SA1015のモデルは、数理研究所SPICE MODEL LIBRARYの物を利用させていただきました。

○付録
LTspiceのスケマティックとプロット設定ファイルを添付します。拡張子を変更して使ってみてください。

saw555.asc
saw555.plt

tag: LTspice NE555 LM555 カレントミラー 定電流 ノコギリ波 パラメトリック解析 

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoCOPアンプCPAPIC強磁性モンテカルロ解析常微分方程式トランジスタode状態密度インターフェースecalj定電流スイッチング回路PDS5022DOS半導体乱数シェルスクリプトレベルシフトHP6632Aブレッドボード分散関係温度解析トランジスタ技術R6452A可変抵抗I2Cセミナー確率論反強磁性非線形方程式ソルバ絶縁偏微分方程式バンド構造熱設計数値積分バンドギャップカオスA/DコンバータフォトカプラシュミットトリガGW近似LEDLM358ISO-I2C三端子レギュレータ数値微分サーボ直流動作点解析カレントミラーマフィンティン半径TL431PC817C発振回路74HC4053USBアナログスイッチbzqltyFFTチョッパアンプ2ちゃんねる補間量子力学開発環境電子負荷標準ロジックパラメトリック解析アセンブラ基本並進ベクトルブラべ格子単振り子BSchLDAイジング模型繰り返しMaximaキュリー温度位相図状態方程式失敗談スピン軌道相互作用六方最密充填構造相対論FET抵抗コバルト不規則合金TLP621ewidthGGAQSGWgfortranランダムウォークラプラス方程式スイッチト・キャパシタcygwin熱伝導SMPスレーターポーリング曲線三角波格子比熱LM555条件分岐TLP552MCUNE555UPSTLP521QNAPマントルテスタFXA-7020ZR過渡解析詰め回路ガイガー管ダイヤモンド自動計測Writer509データロガー固有値問題VESTAスーパーセルOpenMP差し込みグラフ平均場近似起電力awk仮想結晶近似VCAubuntufsolveブラウン運動熱力学第一原理計算井戸型ポテンシャルシュレディンガー方程式面心立方構造fccウィグナーザイツ胞interp12SC1815L10構造非線型方程式ソルバFSMキーボードTeX結晶磁気異方性初期値OPA2277化学反応等高線ジバニャン方程式ヒストグラム確率論三次元フィルタRealforcePGAフェルミ面正規分布固定スピンモーメント全エネルギースワップ領域リジッドバンド模型edeltquantumESPRESSOルチル構造岩塩構造二相共存ZnOウルツ鉱構造BaOフォノンデバイ模型multiplotgnuplotc/aノコギリ波合金クーロン散乱ハーフメタル半金属CapSenseマンデルブロ集合マテリアルデザインSICGimpCK1026MAS830L円周率トランスPIC16F785凡例線種シンボルLMC662ヒストグラム不規則局所モーメント文字列疎行列TS-110TS-112Excel直流解析等価回路モデル入出力トラックボールPC軸ラベルAACircuitP-10フラクタル境界条件連立一次方程式Ubuntuifortパラメータ・モデルspecx.f関数フィッティング最小二乗法Crank-Nicolson法陰解法日本語EAGLEMBEグラフの分割負帰還安定性ナイキスト線図熱拡散方程式HiLAPW両対数グラフ片対数グラフ縮退

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ