PDS5022SでリアルタイムなFFT

PDS5022SとExcelで高速フーリエ変換では、デジタルオシロスコープPDS5022Sから取得したデータをExcelを使ってFFTする方法を書きました。
しかし、この場合は一度取得したデータをPCの上で編集する必要があるためリアルタイム表示はできませんでした。

これにたいして、私自身は未確認の情報ですが、最近のPDS5022Sでは標準的にFFTの機能を備えており、リアルタイムでスペクトル表示ができるようです。



また、FFTのついていない古いバージョンのPDS5022Sを使っている方にも朗報があります。
T. NakagawaさんOWON製オシロスコープPDS5022Sの活用と言う記事の中でPDS5022Sとパソコンを接続し、パソコン上でリアルタイムにFFT表示をするプログラムを公開されています。

関連エントリ




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。

tag: PDS5022 FFT 

LTspiceでスイッチト・キャパシタ

PSoCは、そのプログラマブルなアナログ回路機能の大部分をスイッチト・キャパシタの技術により実現しています。スイッチト・キャパシタ回路は、単純な連続時間のアナログ回路と異なり、スイッチングにともなう周波数成分を含みます。
このスイッチングノイズをLTspiceによりシミュレーション的に評価するために、スイッチトキャパシタ・フィルタのモデル化を行いました。

このモデルに基づくLTspiceの解析は、実測データをよく再現し、また、解析自体も高速に完了することを確認しました。PSoCのスイッチト・キャパシタを含む回路システム全体のシミュレーションも十分現実的だと思われます。

006_20091005030746.png 007_20091005030734.png 009_20091005030706.png


PSoCのスイッチト・キャパシタフィルタ


PSoCのアナログブロックは、連続時間ブロック(CT)とスイッチト・キャパシタブロック(SC)で構成されています。スイッチト・キャパシタは、コンデンサをアナログスイッチでスイッチングすることにより、通常の連続時間的な回路では難しい処理を行うことができます。フィルタはその一例で、スイッチング周波数を変更することにより、キャパシタンスや抵抗値などの回路定数を変更することなくカットオフ周波数を変更することができます。


001_20091005030646.png
fig.1: BPF2のブロック図


PSoCでLED正弦波駆動では、矩形波をスイッチト・キャパシタで構成したバンドパスフィルタに通すことにより正弦波を得るアプリケーションを紹介しました。
その実測波形を見ると、正弦波が階段状のノイズを含んでいることが確認できました。


005_20090604133317.png
fig.2: 出力電圧波形(赤)は階段状のノイズを含んでいる


BPF2やLPF2といったアクティブフィルタのユーザーモジュールは、そのフィルタ特性の設計のために、フィルタ設計ウイザードが用意されています。
これを用いれば、簡単に目標の特性を満たすフィルタを設計できます。


002_20091005030629.png
fig.3: BPF2のフィルタ設計ウイザード


しかしながら、前述の階段状のノイズがどのように出力波形に現れるかを、フィルタ設計ウイザードから読み取ることは困難です。
そこで今回は、LTspiceを用いて、PSoCのスイッチト・キャパシタフィルタのシミュレーションを行い、実際の出力波形を設計段階から評価できるようにすることを目標とします。

スイッチト・キャパシタのSPICEモデル


今回は、BPF2ユーザーモジュールを、fig.2のとおり、PSoCでLED正弦波駆動PSoCの正弦波出力をFFTで利用した構成とします。
スイッチト・キャパシタフィルタは、fig.1のブロック図のとおり、以下の要素で構成されています。

  • コンデンサ
  • アナログスイッチ
  • OPアンプ


コンデンサに関して


PSoCのスイッチト・キャパシタは、1ユニット80fF(typ)のコンデンサを複数ユニット組み合わせて任意のキャパシタンスを得る構成になっています。

fig.2から、table.1に示すように指定しました。

Parts No.UnitCapacitance
C1180fF
C24320fF
C34320fF
C48640fF
CA322560fF
CB322560fF
table.1: BPF2のキャパシタンス


アナログスイッチに関して


アナログスイッチ自体のパラメータであるオン抵抗/オフ抵抗は、詳細が分からなかったので、LTspice標準のものとしました。

スイッチトキャパシタに存在するアナログスイッチがONになるタイミングは、2種類存在します。Φ1のみがONとなるacquisitionフェーズと、Φ2のみがONとなるtransferフェーズです。トランジスタ技術 2009年 01月号のP146には以下のようにあります。

ASC/ASDで使われるクロックは、モジュール外部から与えられるクロックを1/4にして利用しています。詳細は書かれていないようですが、Φ1→(両方OFF)→Φ2→(両方OFF)→Φ1…というぐあいに、Φ1とΦ2のいずれかがONになる期間と両方がOFFの期間が交互になっているのでしょう。


と言うことなので、LTspiceのシミュレーションでもΦ1,Φ2それぞれがONとなるフェーズのほかに両方がOFFとなるフェーズを挟むこととします。

OPアンプに関して


OPアンプに関しては、さしあたりLTspice標準のUniversal Opampを利用しました。

以上でスイッチト・キャパシタフィルタのシミュレーションに必要なモデル化ができました。

過渡解析


fig.4にLTspiceシミュレーションのスケマティックを、fig.5に過渡解析の結果を示します。


004_20091005030627.png
fig.4: 過渡解析のスケマティック

005_20091005030625.png
fig.5: 過渡解析のグラフ


赤で示した波形が入力の矩形波で、緑で示した波形がBPF2の出力です。電源投入直後から正弦波が成長していく過程は、現実の回路の実測波形でも、(本ブログで紹介したことはありませんが、)こんな感じです。

フーリエ解析


続けて、PSoCの正弦波出力をFFTの実測波形と比較するために、フーリエ解析を行います。


006_20091005030746.png
fig.6: フーリエ解析用のスケマティック


フーリエ解析では、PDS5022での実測と同じ条件での解析を行うため、解析点を4096点としました。


007_20091005030734.png
fig.7: シミュレーション結果の時間領域表示

001_20090924234832.png
fig.8: 実測波形の時間領域表示


時間領域表示(通常のオシロスコープでの表示)では、階段状のノイズも非常によく似た形をしています。

以下に、シミュレーションと実測データのFFT表示を示します。


009_20091005030706.png
fig.9: シミュレーション結果の周波数領域表示

002_20090924234832.png
fig.10: 実測波形の周波数領域表示


全体的にシミュレーションの方がキレイなスペクトルとなっていますが、主要なピークの位置は共通しています。

結論


1Hz前後の低周波では、十分と思われる正確な結果が得られました。フィルタ設計ウイザードとあわせて利用すれば、設計段階から完成品の性能の予測精度が上がると思います。

ただし、より高周波のシミュレーションでも十分な精度が得られるかは、今後検証していく必要があるかもしれません。特に今回はLTspice標準のOPアンプモデルを利用したので、PSoC内部のOPアンプとの周波数特性の差が効いてくる可能性はあります。

スイッチング回路のシミュレーションなので、計算にはかなりの時間がかかるであろうと想像していましたが、現実には非常に高速に解析が完了しました。LTspiceは回路規模に制限が無いので、PSoCのスイッチト・キャパシタを含む回路システム全体をシミュレーションすることも十分現実的であると考えられます。

SIMetrix/SIMPLIS


アナログ信号の離散時間処理というか、スイッチング動作を含むアナログ回路は、ぜひシミュレーションしたい回路である反面、SPICEが苦手としている領域でもあります。
こういった回路の解析には、非SPICE系の特化したシミュレータを使うほうがよいのかもしれません。

そう考えて、実を言うと電子回路シミュレータSIMetrix/SIMPLISスペシャルパック―複雑なトランジスタ回路やスイッチング電源も高速解析 (ツール活用シリーズ)を購入していたのですが、思いのほかLTspiceの解析速度が速くて出番がありませんでした。

とは言うものの、この本の内容は凄く面白く、参考になりました。
私のブログでは、A/Dコンバータのサンプルホールド回路に関するシミュレーションを題材としたエントリをいくつか書きましたが、これらや今回のスイッチト・キャパシタのシミュレーションに興味がある方にはお奨めできます。

関連エントリ




参考URL




付録


このエントリで使用したLTspiceのシミュレーション用ファイルを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。


参考文献




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。

tag: LTspice PSoC PDS5022 FFT スイッチト・キャパシタ スイッチング回路 

PSoCの正弦波出力をFFT

PSoCの正弦波出力波形に対してFFTをおこない、階段状のノイズの周波数スペクトルを求めました。

001_20090924234832.png 002_20090924234832.png


PSoCでLED正弦波駆動


PSoCは、デジタルブロックで生成した方形波をアナログブロックで構成されたスイッチトキャパシタバンドパスフィルタを通すことにより、外付け回路無しで正弦波を生成することができます。参考:PSoCでLED正弦波駆動

しかしながら、スイッチトキャパシタフィルタを通したフィルタは細かく見ると階段状になっているのが分かります。PSoC/GPIOのしきい値とヒステリシスPSoC/GPIOのしきい値と電源電圧では、この階段状のノイズを取るために、抵抗とコンデンサで構成したローパスフィルタを使いました。


001_20090924234832.png
fig.1: PSoC正弦波出力波形(赤)とRCローパスフィルタを通したもの(緑)


ExcelでFFT


PDS5022SとExcelで高速フーリエ変換では、方形波の測定波形の周波数スペクトルをExcelを用いた高速フーリエ変換(FFT)を用いて行いました。

今回は同様に、PSoCの正弦波出力に対してFFTを行い、周波数スペクトルを求めました。


002_20090924234832.png
fig.2: 出力波形のFFT(赤)とLPF後のFFT(緑)


関連エントリ




参考文献




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。

tag: PSoC PDS5022 FFT スイッチング回路 スイッチト・キャパシタ 

PDS5022SとExcelで高速フーリエ変換

オシロスコープPDS5022SとExcelを用いて、回路の測定結果に対してフーリエ変換を行い周波数スペクトルを求めることができます。
本エントリでは、単電源三角波/方形波発振回路で生成した方形波の周波数スペクトルをもとめました。

001_20090908015052.png 001_20090918013724.png 002_20090918013723.png


Excelの分析ツール


PDS5022SとExcelでヒステリシス曲線では、PDS5022Sで取得したデータをPC上のExcel編集してグラフを描画する方法を書きました。

今回は同様にして、取得データに対してFFTを行います。
Excelを用いた具体的なFFTの方法は、(有)ゴッドフット企画さんエクセルを用いたフーリエ変換(FFT)の記事で解説しています。窓関数のかかっていない(矩形窓の)フーリエ変換です。

オシロスコープPDS5022Sで取得したデータに対してFFTをする際には、データ点数を4096個とします。
タイムスパンをどのようにとっても、使えるサンプリング数は変わらないので、見たい周波数近辺の分解能を上げるためには少しコツが必要です。
オシロスコープでデータを取得する段階で、長時間データを取るほど低周波側の分解能があがり高周波側の分解能が下がります。

方形波のFFT


実際にPDS5022SとExcel(とgnuplot)で描いた周波数スペクトルをfig.1に示します。


001_20090918013724.png
fig.1: 実測データから作成した周波数スペクトル


測定した方形波は、単電源三角波/方形波発振回路で生成しました。
周波数スペクトルの比較用にLTspiceによるシミュレーション結果をfig.2に示します。


002_20090918013723.png
fig.2: LTspiceによる周波数スペクトルのシミュレーション


シミュレーションモデルは、LTspiceで三角波/方形波発振回路のタイムスパンを一部変更したものをつかいました。


001_20090908015052.png
fig.3: 実測した回路の回路図

003_20090907230309.png
fig.4: LTspiceシミュレーションのスケマティック


関連エントリ




参考URL




参考文献




フィードバック



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

 ↑ 電子工作ブログランキング参加中です。1クリックお願いします。


コメント・トラックバックも歓迎です。 ↓      


 ↓ この記事が面白かった方は「拍手」をお願いします。

tag: LTspice PDS5022 FFT 

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoCOPアンプCPAPIC強磁性モンテカルロ解析常微分方程式トランジスタode状態密度インターフェースecalj定電流スイッチング回路PDS5022DOS半導体乱数シェルスクリプトレベルシフトHP6632Aブレッドボード分散関係温度解析トランジスタ技術R6452A可変抵抗I2Cセミナー確率論反強磁性非線形方程式ソルバ絶縁偏微分方程式バンド構造熱設計数値積分バンドギャップカオスA/DコンバータフォトカプラシュミットトリガGW近似LEDLM358ISO-I2C三端子レギュレータ数値微分サーボ直流動作点解析カレントミラーマフィンティン半径TL431PC817C発振回路74HC4053USBアナログスイッチbzqltyFFTチョッパアンプ2ちゃんねる補間量子力学開発環境電子負荷標準ロジックパラメトリック解析アセンブラ基本並進ベクトルブラべ格子単振り子BSchLDAイジング模型繰り返しMaximaキュリー温度位相図状態方程式失敗談スピン軌道相互作用六方最密充填構造相対論FET抵抗コバルト不規則合金TLP621ewidthGGAQSGWgfortranランダムウォークラプラス方程式スイッチト・キャパシタcygwin熱伝導SMPスレーターポーリング曲線三角波格子比熱LM555条件分岐TLP552MCUNE555UPSTLP521QNAPマントルテスタFXA-7020ZR過渡解析詰め回路ガイガー管ダイヤモンド自動計測Writer509データロガー固有値問題VESTAスーパーセルOpenMP差し込みグラフ平均場近似起電力awk仮想結晶近似VCAubuntufsolveブラウン運動熱力学第一原理計算井戸型ポテンシャルシュレディンガー方程式面心立方構造fccウィグナーザイツ胞interp12SC1815L10構造非線型方程式ソルバFSMキーボードTeX結晶磁気異方性初期値OPA2277化学反応等高線ジバニャン方程式ヒストグラム確率論三次元フィルタRealforcePGAフェルミ面正規分布固定スピンモーメント全エネルギースワップ領域リジッドバンド模型edeltquantumESPRESSOルチル構造岩塩構造二相共存ZnOウルツ鉱構造BaOフォノンデバイ模型multiplotgnuplotc/aノコギリ波合金クーロン散乱ハーフメタル半金属CapSenseマンデルブロ集合マテリアルデザインSICGimpCK1026MAS830L円周率トランスPIC16F785凡例線種シンボルLMC662ヒストグラム不規則局所モーメント文字列疎行列TS-110TS-112Excel直流解析等価回路モデル入出力トラックボールPC軸ラベルAACircuitP-10フラクタル境界条件連立一次方程式Ubuntuifortパラメータ・モデルspecx.f関数フィッティング最小二乗法Crank-Nicolson法陰解法日本語EAGLEMBEグラフの分割負帰還安定性ナイキスト線図熱拡散方程式HiLAPW両対数グラフ片対数グラフ縮退

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ