BSch3Vでカラーイメージ出力

水魚堂さんが公開されている回路図エディタBSch3Vから直接カラーのPNG画像が出力できるようになりました。




001_20090323000312.png


これまで私は、白黒BMPまたはカラーEMFで出力し、GconでPNGへ変換していました。
カラーEMFからPNGを作った後に画像サイズを縮小すると、画像がぼんやりしてしまう上にサイズも大きくなるという欠点があったのですが、今回のアップデートのおかげで簡単に軽くて綺麗な画像が出力できるようになりました。

tag: BSch 

BSch3Vの部品ライブラリ

私の使っている回路図エディタBSch3Vの追加部品ライブラリをアップロードしておきます。
基本的には自分のためのバックアップなのでたいしたものはありませんが、つかえそうなものがあれば使ってください。再配布もご自由に。


○ライブラリの分類
水魚堂さんのBSch3Vをダウンロードしたときに付属してくるライブラリは、「DISCRETE」「DIGITAL」「ANALOG」「LOGIC74」「CONSW」の5種類です。そこで、これらのライブラリに追加するファイルとしてライブラリを作りました。ただし、どこに入れればよいのか悩んだものは特殊機能としてまとめて「MY-SPECIAL.LB3」にまとめてあります。

○MY-DISCRETE
・MOSFET-PCH
・MOSFET-NCH
ボディダイオードの記号つきのMOSFETのシンボルです。

・BU5004-R
8×8のドットマトリックスLEDです。7セグメントLEDがDISCRETEに分類されていたので、ドットマトリクスLEDもここに・・・

○DIGITAL
・PIC12F683
・PIC16F88
PICマイコンです。

・AT24C1024
I2CシリアルEEPROMです。

・TLP552
デジタル通信用高速フォトカプラです。

・TD62083
ダーリントントランジスタアレイです。

・FT232RL
USB-シリアル変換ICです。

○SPECIAL
・MCP3208
SPI接続のA/D変換ICです。
・MCP4922
SPI接続のD/A変換ICです。

・SC1602
・SC2004
キャラクタLCDモジュールです。

・IR2110
FETドライバです。

・TL497
・BA9700AF
スイッチングレギュレータ制御ICです。

・HPH12002M
スイッチングレギュレータです。

○付録
BS3V用ライブラリです。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。

tag: BSch 

LTspiceの色変更

LTspiceの回路図エディタやグラフ画面は、デフォルトで背景色が暗い設定になっています。
色設定の趣味は、意見がわかれるところかとおもいますが、BSch3Vに近い背景色が明るい設定にしてみました。

001_20081115162753.png 002_20081115162815.png


サンプルの回路は、異なるGNDレベル間でI2C その1のものです。LTspiceデフォルトの色設定とBSch3V風の色設定の比較をします。
色設定は、[Tools]→[Color Preference]で変更できます。

○Schematic

002_20081106233829.png
LTspiceデフォルトの色設定

001_20081115162753.png
BSch3V風色設定


Wires
 Red: 0
 Green: 125
 Blue: 0
Junctions
 Red: 0
 Green: 125
 Blue: 0
Component body
 Red: 192
 Green: 0
 Blue: 0
Graphic Flag
 Red: 192
 Green: 0
 Blue: 0
Component Fill-in
 Red: 255
 Green: 255
 Blue: 192
Component Text
 Red: 0
 Green: 0
 Blue: 0
Flag Text
 Red: 0
 Green: 0
 Blue: 0
SPICE Derective Text
 Red: 0
 Green: 0
 Blue: 0
Componetn Text
 Red: 0
 Green: 0
 Blue: 192
Unconnected Pin
 Red: 0
 Green: 125
 Blue: 0
Heighlight Color
 Red: 255
 Green: 0
 Blue: 0
Grid
 Red: 192
 Green: 0
 Blue: 0
Background
 Red: 255
 Green: 255
 Blue: 255

○WaveForm

003_20081106233835.png
LTspiceデフォルトの色設定

002_20081115162815.png
BSch3V風色設定


Traceはすべてデフォルト
Axis
 Red: 0
 Green: 0
 Blue: 0
Inactive Axis
 Red: 0
 Green: 0
 Blue: 0
Grid
 Red: 0
 Green: 0
 Blue: 0
Background
 Red: 255
 Green: 255
 Blue: 255

これでLTspiceの画像を印刷するときのインクの量が減ります(笑)

tag: LTspice BSch 

BSch3V用ボディダイオード付きMOSFETシンボル/トランジスタのシンボルについてる○の意味

FETを用いたUSB機器の電池/Vbus切り替え回路などの記事につかったボディダイオードのシンボルも描かれたMOSFETシンボルを公開します。




この記事の一番下の引用部分をテキストエディタで適当な名前(例えばMOSFET.LB3など)で保存すれば普通のライブラリファイルとして使えます。ただしビットパターンは含んでいません。

---

これだけでは、さびしいので豆知識を一つ。
トランジスタやFETのシンボルには周りを○で囲ってあるものと無いものがあります。
この○は、パッケージを表しているんだとか。したがってボディダイオードを表現するためには、ダイオードの記号をパッケージをあらわす○の中に書かなければいけません。

では、○の無いトランジスタの記号はどのようなときに使うのでしょうか?
答えは、IC等のパッケージ内部に複数のトランジスタを含む回路図を書くときです。SPICEはもともとICを設計するために作られたソフトです。LTspiceのトランジスタのシンボルに○が付いたものが存在しないのは、おそらくこのことに起因するのでしょう。

この話はダイオードにも当てはまるのではないかと思うのですが、なぜかダイオードは○に囲まれたものをあまり見ません。○で囲まれているダイオードは何故かたいていの場合LEDです。不思議ですね。

とはいえ、趣味の電子工作レベルでは、このようなことはあまり気にせずに回路図を書いてしまう場合が多いです。とくに手書きで回路図を書くときは、○で囲むとかめんどくさいですしね。

MOSFET.LIB3
+BSCH3_LIB_V.1.0PROP:+PTN,N:MOSFET-NCH,X:61,Y:61+C,W:1,S:0,F:-1,X:0,Y:0,X:60,Y:60,-C+L,W:1,S:0,X:30,Y:30,X:30,Y:60,-L+L,W:1,S:0,X:30,Y:30,X:21,Y:30,-L+PG,W:1,S:0,F:1,N:3,X:45,Y:27,X:41,Y:33,X:49,Y:33,-PG+PG,W:1,S:0,F:-1,N:4,X:41,Y:27,X:49,Y:27,X:49,Y:26,X:41,Y:26,-PG+PG,W:1,S:0,F:1,N:3,X:17,Y:30,X:24,Y:27,X:24,Y:33,-PG+PG,W:1,S:0,F:1,N:4,X:9,Y:20,X:10,Y:20,X:10,Y:40,X:9,Y:40,-PG+L,W:1,S:0,X:0,Y:30,X:9,Y:30,-L+PG,W:1,S:0,F:-1,N:4,X:15,Y:26,X:15,Y:34,X:16,Y:34,X:16,Y:26,-PG+PG,W:1,S:0,F:-1,N:4,X:15,Y:39,X:15,Y:47,X:16,Y:47,X:16,Y:39,-PG+PG,W:1,S:0,F:-1,N:4,X:15,Y:13,X:15,Y:21,X:16,Y:21,X:16,Y:13,-PG+L,W:1,S:0,X:30,Y:43,X:17,Y:43,-L+L,W:1,S:0,X:30,Y:17,X:17,Y:17,-L+L,W:1,S:0,X:30,Y:0,X:30,Y:17,-L+L,W:1,S:0,X:30,Y:10,X:45,Y:10,-L+L,W:1,S:0,X:45,Y:50,X:30,Y:50,-L+L,W:1,S:0,X:45,Y:10,X:45,Y:50,-L-PTN+COMP,N:MOSFET-NCHX:6,Y:6,B:1R:QP:MOSFET-NCH+PIN,N:,L:T3,T:Sm,M:D,-PIN+PIN,N:,L:B3,T:Sm,M:S,-PIN+PIN,N:,L:L3,T:Sm,M:G,-PINNOTE:,-COMP+PTN,N:MOSFET-PCH,X:61,Y:61+C,W:1,S:0,F:-1,X:0,Y:0,X:60,Y:60,-C+L,W:1,S:0,X:30,Y:30,X:30,Y:60,-L+PG,W:1,S:0,F:1,N:4,X:9,Y:20,X:10,Y:20,X:10,Y:40,X:9,Y:40,-PG+L,W:1,S:0,X:0,Y:30,X:9,Y:30,-L+PG,W:1,S:0,F:-1,N:4,X:15,Y:26,X:15,Y:34,X:16,Y:34,X:16,Y:26,-PG+PG,W:1,S:0,F:-1,N:4,X:15,Y:39,X:15,Y:47,X:16,Y:47,X:16,Y:39,-PG+PG,W:1,S:0,F:-1,N:4,X:15,Y:13,X:15,Y:21,X:16,Y:21,X:16,Y:13,-PG+L,W:1,S:0,X:30,Y:43,X:17,Y:43,-L+L,W:1,S:0,X:30,Y:17,X:17,Y:17,-L+L,W:1,S:0,X:30,Y:0,X:30,Y:17,-L+L,W:1,S:0,X:30,Y:10,X:45,Y:10,-L+L,W:1,S:0,X:45,Y:50,X:30,Y:50,-L+L,W:1,S:0,X:45,Y:10,X:45,Y:50,-L+L,W:1,S:0,X:25,Y:30,X:16,Y:30,-L+PG,W:1,S:0,F:1,N:3,X:30,Y:30,X:23,Y:33,X:23,Y:27,-PG+PG,W:1,S:0,F:1,N:3,X:45,Y:32,X:49,Y:26,X:41,Y:26,-PG+PG,W:1,S:0,F:-1,N:4,X:49,Y:32,X:41,Y:32,X:41,Y:33,X:49,Y:33,-PG-PTN+COMP,N:MOSFET-PCHX:6,Y:6,B:1R:QP:MOSFET-PCH+PIN,N:,L:T3,T:Sm,M:D,-PIN+PIN,N:,L:B3,T:Sm,M:S,-PIN+PIN,N:,L:L3,T:Sm,M:G,-PINNOTE:,-COMP-BSCH3_LIB_V.1.0

tag: BSch トランジスタ FET 

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRmachikaneyamaScilabKKRPSoC強磁性PICCPAOPアンプecalj常微分方程式モンテカルロ解析状態密度odeトランジスタインターフェースDOS定電流スイッチング回路PDS5022半導体シェルスクリプト分散関係レベルシフト乱数HP6632Aトランジスタ技術ブレッドボード可変抵抗温度解析I2CR6452A反強磁性バンドギャップ確率論数値積分セミナー偏微分方程式絶縁バンド構造熱設計非線形方程式ソルバシュミットトリガISO-I2CLEDマフィンティン半径GW近似三端子レギュレータLM358A/DコンバータカオスフォトカプラUSBPC817C直流動作点解析サーボ74HC4053アナログスイッチTL431発振回路カレントミラー数値微分単振り子量子力学開発環境補間2ちゃんねるチョッパアンプbzqltyFFT電子負荷アセンブラBSchLDA標準ロジックパラメトリック解析ブラべ格子基本並進ベクトルイジング模型VESTAVCAMaximaSMPewidthGGA仮想結晶近似FET位相図キュリー温度QSGWTLP621ランダムウォーク不規則合金gfortranコバルト相対論失敗談抵抗状態方程式スレーターポーリング曲線ラプラス方程式スピン軌道相互作用スイッチト・キャパシタ六方最密充填構造熱伝導繰り返しcygwinTLP552条件分岐TLP521NE555LM555マントル詰め回路MCUテスタFXA-7020ZR三角波過渡解析ガイガー管自動計測Writer509UPSQNAPダイヤモンドデータロガー格子比熱熱力学平均場近似OpenMPブラウン運動スーパーセルUbuntuフェルミ面差し込みグラフubuntuハーフメタルfsolve最適化第一原理計算固有値問題シュレディンガー方程式最小値awk起電力井戸型ポテンシャルCIFxcrysden最大値結晶磁気異方性PGATeX非線型方程式ソルバ2SC1815等高線OPA2277面心立方構造初期値FSM正規分布interp1ウィグナーザイツ胞フィルタfccL10構造合金BaOウルツ鉱構造CapSense岩塩構造ルチル構造ZnO二相共存磁気モーメント不純物問題電荷密度重積分SICスワップ領域リジッドバンド模型multiplotジバニャン方程式gnuplotc/a全エネルギー半金属デバイ模型edeltquantumESPRESSOノコギリ波フォノン固定スピンモーメントspecx.f等価回路モデル円周率パラメータ・モデルヒストグラム不規則局所モーメントTS-112TS-110直流解析PCExcelシンボルGimp日本語最小二乗法フラクタルマンデルブロ集合縮退クーロン散乱三次元ゼーベック係数キーボード入出力関数フィッティング文字列疎行列Realforceトラックボール線種EAGLE連立一次方程式MBECrank-Nicolson法AACircuit負帰還安定性ナイキスト線図マテリアルデザインP-10化学反応ifort境界条件陰解法熱拡散方程式MAS830LCK1026グラフの分割軸ラベル凡例片対数グラフトランスHiLAPW両対数グラフLMC662PIC16F785ヒストグラム確率論

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ