LTspiceでLED調光回路

LEDの調光回路について聞かれたので、30分ぐらいで簡単な回路を設計し、シミュレーションしました。
効率はかなり悪いですが、折角なのでそのLED調光回路のシミュレーションについて書いておきます。
可変抵抗で電流を調整し、カレントミラー回路でその電流をコピーするという構成です。
各LEDに流す電流は2-20mAで電源は5Vの安定化されたACアダプターで作ることにします。

【2009/04/30】シミュレーションに使うトランジスタモデルを変更しました。

003_20090430011019.png 004_20090430011019.png


○要求仕様
求められた使用は以下のようなもの。


  • 電源はACアダプタで安定化された5V

  • LEDの順電流の可変範囲は2-20mA

  • LEDは白色(VF=3.5Vぐらい)

  • 並列数は9個

  • 1つの可変抵抗で調光



あとは、作る人がさほど電子工作が得意でなくても何とか作れるように部品点数が少ないというところでしょうか。

○カレントミラー
LEDの数が2この場合の回路をfig.1に示します。
R2は2kΩの可変抵抗で、この可変抵抗のつまみを回したときLED(D1)に流れる順電流がどのように変化するかシミュレーションしました。LEDのモデルQTLP690Cはおそらく赤LEDのモデルですが、トランジスタがが飽和しない範囲でなら(LEDの順電圧が3.5V程度を下回っている範囲でなら)何色のLEDでも挙動は、大きくは変わらないはずです。


001_20090430011006.png
fig.1: LED数2のスケマティック

002_20090430011007.png
fig.2: 可変抵抗R2の値とD1の順電流の関係


トランジスタのSPICEモデルは数理設計研究所さんのSpice Modelの物を使わせていただきました。
2SC1815のかわりにLTspice付属の2N3904のSPICEモデルを使うことにしました。

カレントミラー回路でQ1の電流が、Q2やQ3にコピーされます。LEDの順電圧特性にばらつきがってもほぼ同じ電流が流れることが期待できます。

○多LED化
出力がカレントミラー方式なので、簡単に並列化できます。fig.3,4にLEDの数を9個にした場合のシミュレーション結果を示します。


003_20090430011019.png
fig.3: LED数9のスケマティック

004_20090430011019.png
fig.4: 可変抵抗R2の値とD1の順電流の関係(並列数を増やしても変化していないことが分かる)


○関連エントリ


○参考URL


○付録
このエントリで使用したLTspiceのシミュレーション用ファイルを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。


○電子工作ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
1クリックお願いします。

tag: LTspice トランジスタ LED カレントミラー 直流動作点解析 可変抵抗 定電流 

LTspiceでサーミスタ(温度係数を持つ抵抗)

LTspiceで温度解析で、LTspiceを使って温度解析をする方法を書きました。トランジスタやダイオードといった半導体に関して、SPICEはその温度係数を表すパラメータを持っています。
しかしながら、温度係数を持つ部品はトランジスタとダイオードだけではありません。
普通の抵抗器も温度係数を持ちますし、積極的に温度係数を持たせて温度計として利用する素子としてサーミスタもあります。

これらのモデルは、通常の抵抗器のモデルの抵抗値のパラメータの部分に温度を表すtempを含む式を入力することで作ることができます。
今回は、この方法を用いてサーミスタのシミュレーションを行います。
004_20081221000220.png 005_20081221000226.png

温度係数を持つ抵抗


はじめに温度係数(TEMPCO)を持つ抵抗のモデルです。
このモデルは、25℃で1kΩの抵抗値を持ち、1℃あたり0.3%の抵抗値変化をもつ抵抗器です。
抵抗値を入力する欄に{1k+3*(temp-25)}と入力します。


001_20081221000132.png
fig.1: 温度係数を持つ抵抗モデルのスケマティック

002_20081221000138.png
fig.2: 温度係数を持つ抵抗モデルのグラフ。横軸が温度で縦軸が抵抗値。


サーミスタ


つぎに温度係数を持つ抵抗のモデルよりも複雑な数式で表されるサーミスタのモデルです。
サーミスタは、温度変化に対して以下の式で表されるような抵抗値変化をする素子です。


003_20081221000206.png


ここで、Rthは温度Tにおける抵抗値で、RrはTrのときの抵抗値です。Bはサーミスタ定数です。
ただし、TとTrは摂氏ではなく絶対温度です。
以下では、村田製作所のNTC型サーミスタNTH4G39A 10E02の定数を使ったモデルです。
抵抗値は25℃で10kΩでB=3900です。
抵抗値を入力する欄に{10k*exp(3900*((1/(temp+273.15))-(1/298.15)))}と入力します。


004_20081221000220.png
fig.3: サーミスタモデルのスケマティック

005_20081221000226.png
fig.4: サーミスタモデルのグラフ。横軸が温度で縦軸が抵抗値。

006_20081221000232.png
fig.5: サーミスタモデルのグラフ。横軸が温度で縦軸が抵抗値の片対数グラフ。


温度補償


最初に取り上げた温度係数を持つ抵抗は、半導体の温度補償を行うために使われるようです。
pcm1723さんのブログSX-150 の VCO の温度補償 (2) -- 回路と LTSpice シミュレーション (2)のエントリでは温度補償用抵抗を用いた温度補償のシミュレーションが行われています。

関連エントリ




付録


このエントリで使用したLTspiceのシミュレーション用ファイルを添付します。ファイル名末尾の".txt"を削除して、"_"を"."に変更すれば使えるはずです。

tag: LTspice 温度解析 直流動作点解析 サーミスタ 温度補償抵抗 可変抵抗 

LTspiceでトランジスタ温度計

トランジスタやダイオードのジャンクションの温度係数を利用すると温度計を作ることができます。
この原理を利用したトランジスタ温度計をLTspiceで温度解析の手法を用いてLTspiceでシミュレーションしました。

001_20081208012157.png 002_20081208012206.png

トランジスタ温度計


トランジスタやダイオードには温度係数があり、回路設計において温度ドリフトを考慮しなければいけない場合があります。
一方で、トランジスタやダイオードの温度係数を積極的に利用すれば、温度計を作ることができます。
LTspiceで温度解析のエントリでは、温度変化をシミュレーションする方法を書きました。
今回は、LTspiceを用いた直流動作解析と組み合わせてトランジスタ温度計のシミュレーションをしました。

シミュレーション



001_20081208012157.png
fig.1: トランジスタ温度計

002_20081208012206.png
fig.2: 100mV/℃


トランジスタ温度計の回路は、定本 OPアンプ回路の設計のP210のものを用いました。この際、R3の値を1.8kΩへ変更し100mV/℃となるようにゼロと感度を調整しました。
グラフの横軸は温度で単位は摂氏です。

付録


このエントリで利用したLTspice用シミュレーションファイルを添付します。



参考文献



tag: LTspice 温度解析 直流動作点解析 トランジスタ 

LTspiceで可変抵抗 その-1

LTspiceには可変抵抗を表すモデルがありません。
今回は、LTspice上で.step命令を使って抵抗値をスイープさせる方法を書きます。
LTspiceで可変抵抗のエントリを書く前に書いておくべき内容だったので、今回はその"-1"です。

003_20081207215655.png 004_20081207215701.png

可変抵抗と一口に言っても、いろいろ種類があります。
単純には、回路が動作している最中に動的に値を変更する可変抵抗(ボリュームとか)、初期段階であわせこんだ後はほとんど変更しない半固定抵抗、それからサーミスタなどのように環境によって抵抗値が変わる素子を含んでもよいかもしれません。

○ボリュームの例
ボリュームやサーミスタなどのシミュレーションでは、そのすべての動作領域で正常動作することを確認することが重要になります。
以下はRCサーボコントローラのエントリで紹介したシミュレーションです。


002_20081103013312.png
fig.1: スケマティック

003_20081103013335.png
fig.2: プロット


回路図中のR12とR13の二つをあわせて1つの可変抵抗です。R12の抵抗値はRで、R13の抵抗値は(25k-R)です。このときのRを.step命令でパラメータースイープさせてシミュレーションをしています。

書式は、

.step param R list <抵抗値1> <抵抗値2> ・・・

です。リスト形式で順番に抵抗値をRへ代入してシミュレーションをします。

○半固定抵抗の例
半固定抵抗の場合も上の方法と同様にシミュレーションしてもよいのですが、抵抗値に対して非線形な変化をする回路では、連続的に抵抗値を可変したときの値を見たくなる場合もあります。
このような場合に、LTspiceで可変抵抗で紹介した直流動作点解析を行います。
今回は、非線形になる例としてトランジスタのバイアス点を求めてみました。


003_20081207215655.png
fig.3: スケマティック

004_20081207215701.png
fig.4: プロット


今回はより細かいステップでパラメータをスイープさせています。書式は

.step param R <初期値> <最終値> <刻み>

です。例では1kΩから2kΩまで10Ω刻みでスイープさせています。

○付録
半固定抵抗の例のLTspice用のシミュレーションファイル類を添付します。


tag: LTspice 直流動作点解析 可変抵抗 

LTspiceで可変抵抗

LTspiceには、可変抵抗という回路素子が存在しません。
そこで、LTspiceで可変抵抗のシミュレーションをする(≒抵抗値をスイープさせた解析をする)場合には、パラメータスイープやモンテカルロ解析をさせます。
これらの方法はAC解析、DC解析、Tran解析のどれに対しても行えるので便利なのですが、今回は.opを用いて直流解析的に横軸に抵抗値をとったグラフの書き方を紹介します。


元ネタは、回路シミュレーション part 3の664さんのレスです。


664 名前:663[sage] 投稿日:2008/06/21(土) 23:30:54 ID:6nQwEoNZ
まずは .op を使った例。基本的すぎるかな。
ttp://aikofan.dee.cc/aikoup1/src/f0889.png
ここでハタと考えました。もう少しやりたいことを具体的に教えてもらえると
話が近くなるような・・・ まあレスがない限り勝手に続けます。


アップローダにあがったファイルが流れてしまったので、元の回路図ではありませんが、だいたい以下のような感じだったと思います。


001_20081101234552.png

002_20081101234604.png



R1とR2を合わせて1つの可変抵抗です。5V電源を10kの可変抵抗1つで抵抗分圧しています。

Spice3f5 マニュアル 4.3.5 .OP: 動作点解析によると.op解析は以下のように説明されています。


入力ファイルにこの行を含めると,インダクタを短絡し,コンデンサを開放して,回路の直流動作点を決定するようSpiceに指示します. 直流解析は,過渡解析の初期条件を決定するために過渡解析の前に,また,非線形素子の線形化小信号モデルを決定するために,交流小信号解析,ノイズ解析,極-ゼロ解析の前に,自動的に行なわれます(前述の KEEPOPINFO 変数(5.5節)を参照のこと).

tag: LTspice 直流動作点解析 可変抵抗 

FC2カウンター
カテゴリ
ユーザータグ

LTspiceAkaiKKRScilabmachikaneyamaKKRPSoCOPアンプPICCPA強磁性モンテカルロ解析常微分方程式トランジスタode状態密度インターフェースDOSPDS5022ecaljスイッチング回路定電流半導体シェルスクリプトレベルシフト乱数HP6632A温度解析ブレッドボードI2CR6452A分散関係トランジスタ技術可変抵抗確率論数値積分反強磁性セミナー非線形方程式ソルバ絶縁バンドギャップ熱設計偏微分方程式バンド構造GW近似カオス三端子レギュレータLEDフォトカプラシュミットトリガISO-I2CA/DコンバータLM358USBカレントミラーTL431マフィンティン半径PC817C数値微分アナログスイッチ発振回路サーボ直流動作点解析74HC40532ちゃんねる標準ロジックチョッパアンプLDAアセンブラFFTbzqltyイジング模型ブラべ格子開発環境補間量子力学電子負荷BSchパラメトリック解析単振り子基本並進ベクトル熱伝導繰り返しGGAMaximaTLP621ewidthSMP相対論抵抗位相図ランダムウォークスピン軌道相互作用六方最密充填構造不規則合金FETコバルト失敗談QSGWcygwinスレーターポーリング曲線スイッチト・キャパシタラプラス方程式gfortranキュリー温度状態方程式条件分岐格子比熱TLP552LM555TLP521三角波NE555過渡解析FXA-7020ZRWriter509テスタ詰め回路MCUマントルダイヤモンドQNAPデータロガーガイガー管自動計測UPS井戸型ポテンシャルawk第一原理計算仮想結晶近似ブラウン運動差し込みグラフ平均場近似fsolve起電力熱力学OpenMPスーパーセル固有値問題最適化最小値VCAシュレディンガー方程式VESTAubuntu最大値面心立方構造PGAOPA2277L10構造非線型方程式ソルバ2SC1815fccフェルミ面等高線ジバニャン方程式ヒストグラム確率論マテリアルデザイン正規分布結晶磁気異方性interp1フィルタ初期値ウィグナーザイツ胞c/aルチル構造岩塩構造スワップ領域リジッドバンド模型edeltBaOウルツ鉱構造重積分SIC二相共存ZnOquantumESPRESSOCapSensegnuplotmultiplot全エネルギー固定スピンモーメントFSM合金ノコギリ波フォノンデバイ模型ハーフメタル半金属TeXifortTS-110不規則局所モーメントTS-112等価回路モデルパラメータ・モデルヒストグラムExcel円周率GimpトラックボールPC直流解析入出力文字列マンデルブロ集合キーボードフラクタル化学反応三次元Realforce縮退日本語最小二乗法関数フィッティング疎行列シンボル線種ナイキスト線図陰解法負帰還安定性熱拡散方程式EAGLECrank-Nicolson法連立一次方程式P-10クーロン散乱Ubuntu境界条件MBEHiLAPW軸ラベルトランスCK1026MAS830L凡例PIC16F785LMC662AACircuit両対数グラフ片対数グラフグラフの分割specx.f

最新コメント
リンク

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ